アルミン「こんなことならマルコと友達になるんじゃなかった」

1

1以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/20(木) 01:06:09 ID:41VcWx8o

アルミン「ジャン…もう部屋に帰って休もう…」

ジャン「…あぁ…」

アルミン「…」

ジャン「…なぁ、アルミン」

アルミン「…何?」

ジャン「オレ達も、誰にも知られずに死ぬのかもな…」

アルミン「…」

ジャン「…悪い、変なこと言った」

アルミン「…ううん」

ジャン「行こうぜ」

アルミン「うん」





2以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/20(木) 01:06:50 ID:41VcWx8o

スタスタスタ

アルミン「…」

ジャン「…」

アルミン「…ぅ」

ジャン「…」

アルミン「…くっ…ぅ…」

ジャン「…アルミン」

アルミン「…ご、ごめん……ごめ…ん…」

ジャン「…いや…」

アルミン「…う…ぅ…」

ジャン「…泣いてもマルコは帰ってこねぇよ…泣き虫が…」

アルミン「…ごめん…」

ジャン「…」

アルミン「さ、先に行くね…」タタッ

ジャン「あぁ…」





3以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/20(木) 01:07:23 ID:41VcWx8o

ジャン「…」

ジャン(あいつもマルコと仲良かったもんな…)

ジャン(…すまない、マルコ。オレはアルミンみたいに涙は流せないみたいだ)

ジャン(なんか実感わかねーよ…オレが死体拾ったのにな…)

ジャン(なぜかまだその辺にいる気がしてならねーんだよ…)

ジャン(…)





4以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/20(木) 01:08:12 ID:41VcWx8o

アルミン「…ここまで来れば…誰もいないよね…」

アルミン「…」

アルミン「マルコ…」

アルミン「…」グッ

アルミン「」スゥッ





5以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/20(木) 01:08:17 ID:q6MhcCF6

アルミンの発言が最低過ぎて笑える





6以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/20(木) 01:08:46 ID:41VcWx8o

アルミン「マッジでふざけんなよ!ゴリラのマネしながら着いてくんなよ!!!!」

マルコ「えぇー?でもなかなかいい出来だったでしょ?アルミンもウケてたじゃん」

アルミン「そうだね!でもあそこで笑ったら人として最低だからね!!」

マルコ「笑ってたじゃん。うわぁー最低だー」

アルミン「うっさいなぁ!!誤魔化すのめちゃくちゃ大変だったんだから!!」

マルコ「上手く泣いてると思わせてたね」

アルミン「あれ以上ジャンと一緒にいたらヤバかった…殴られても文句言えない…」

マルコ「笑っちゃいけない状況だと急に沸点低くなるよね。分かる分かる」

アルミン「分かっててやるから君ってタチが悪いよね!」

マルコ「あ、途中から徐々にクリオネにしてったんだけど分かった?」

アルミン「うるせぇ!蝋人形にしてやろうか!」

マルコ「怖い」





7以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/20(木) 01:09:52 ID:41VcWx8o

マルコ「ていうか蝋人形どころかもう死んでるし」

アルミン「うん…実体があったら殴りたいよ…」

マルコ「うーん…アルミンに殴られても正直ダメージないかな?」

アルミン「幽霊だしね…」

マルコ「いや、生前でも」

アルミン「ちくしょう」





8以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/20(木) 01:10:33 ID:41VcWx8o

アルミン「え?ていうかなんで僕?なんで僕にしか見えないの?いままで幽霊とか見えたことないんだけど」

マルコ「そりゃ僕がアルミンにだけ見えるようにしてるからだよ」

アルミン「え?」

マルコ「まぁ都合がいい性能だよね」

アルミン「でも…なんで僕?ジャンのところに行った方がいいんじゃ…」

マルコ「いやー…ちょっとタイミング伺ってたんだけど…」

アルミン「うん」

マルコ「こんなにはっちゃけてるの見られたらいろいろ気まずいかなって…」

アルミン「おい。僕は?僕は気まずくなってもいいの?」





9以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/20(木) 01:13:36 ID:Q5.wTQ/6

マルコ「だって所謂成長イベントだったじゃない。さすがにその辺は空気読むよ」

アルミン「お、おう…」

マルコ「だからアルミンのところに来ようかなーって」

アルミン「うん…喜んでいいのかな…」

マルコ「アルミン マイ フレンド」

アルミン「こんなことならマルコと友達になるんじゃなかった」

マルコ「またまたー」

アルミン「笑っちゃいけない時ピンポイントで狙ってこないでよ…埋葬の時とか本当に死ぬかと思った…社会的に…」





12以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/20(木) 04:09:06 ID:ne7MjeGU

これは期待





13以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/20(木) 08:57:17 ID:M8LQZVNc

ワロタw





14以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/21(金) 21:27:31 ID:xp4Q2AeY

アルミン「ていうか成仏しなよ…僕にまとわりついて何日経つんだよ…」

マルコ「うーん?三日かな?」

アルミン「僕にはその三日が三週間に感じられたよ…成仏してよ…頼むから…」

マルコ「えぇーだって未練あるし」

アルミン「あ…」

アルミン(そりゃそうだよな…僕はなんてことを…)

マルコ「まだ披露してないネタあるし、もうちょっとフリーダムに楽しみたいし」

アルミン「塩ない?塩」ゴソゴソ

マルコ「ないよー」

アルミン「ちくしょう」





15以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/21(金) 21:28:02 ID:xp4Q2AeY

アルミン「ねぇ?君本当にマルコ?僕が知ってるマルコって真面目な優等生だったんだけど…」

マルコ「そう、実はオレ、コニーなんだ」

アルミン「コニー死んでねぇよ。このゴーストタイプが」

マルコ「それ悪口なの?」

アルミン「かみつく」

マルコ「そういえば最近ポケモンやってないなー」





16以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/21(金) 21:28:33 ID:xp4Q2AeY

マルコ「正直に言うとさ、訓練兵時代キャラ作ってた」

アルミン「え?」

マルコ「いや、憲兵に行くのにあんまりふざけてると評価マイナスになるかもしれないし」

アルミン「今現在、僕の中でマルコの評価はどんどんマイナスになってってるけどね」

マルコ「書き溜めたネタ帳が三年間で50冊を突破しました」

アルミン「え?もしかしてよく夜中に書いてたノートって…」

マルコ「三日でやっと一冊目の半分ぐらい披露できたかなー」

アルミン「マルコ…夜中まで勉強しててすごいなって思ってたのに…」





17以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/21(金) 21:29:09 ID:xp4Q2AeY

マルコ「訓練兵時代は発散できなくてモヤモヤしてたけど、今となってはそれも関係ないからね」

アルミン「全力だよね…」

マルコ「実を言うと憲兵にいったらカミングアウトしようと思ってたんだー皆びっくりしただろうなぁ」

アルミン「確かにびっくりした。『一発芸やりまーす』って言いながら半分になったマルコが物陰からとび出してきたのは本当にびっくりした」

マルコ「やっぱりずっと真面目できたから意外だったよね」

アルミン「うん。僕がびっくりしたのはそこじゃないけどね」





18以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/21(金) 21:29:57 ID:xp4Q2AeY

マルコ「まぁ、死んだのは残念だけど…いろんな縛りがなくなったからめっちゃ楽しいー!」

アルミン「はぁ…」

マルコ「アルミンもこっちくれば?」

アルミン「やめて、その軽いノリやめて」

マルコ「まぁ僕がアルミンの方に行けばいいんだけど」

アルミン「やめて」

マルコ「49日までは意地でもいるよ」

アルミン「塩っていくらぐらいかなぁ…僕の全財産でどれくらい買えるかなぁ…」

マルコ「同じ重さの金と同じくらいだって!」

アルミン「エリート塩でも作ろうかなぁ…誰か提供してくれないかなぁ…」





19以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/21(金) 21:48:23 ID:Huk4vbrA

マルコ「ていうかアルミン、なんかイライラしてない?」

アルミン「寝てないんだよ!夜な夜な耳元でカンノウ本の朗読すんなよ!」

マルコ「あ、イライラじゃなくてムラムラか」

アルミン「別に上手くないからね!?男の声で喘●声再現されても気色悪いだけだから!しかも感情込めてやるなよ!」

マルコ「ちなみにあれジャンの本だよ。その前はトーマスのやつ」

アルミン「どうでもいいよ!ていうか死後カンノウ本漁られてるトーマスかわいそう…」

マルコ「許可はアルミンのカンノウ本と交換してとってあるよー」

アルミン「まっ、ちょっと、びっくりして何から言えばいいか分かんない」





20以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/21(金) 23:53:51 ID:T1psQ.jM

アルミンが色んな意味でかわいそうな話だなww





21以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/22(土) 00:10:34 ID:ztQ2yRzY

これはひどいwwww





23以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/22(土) 10:26:26 ID:0WgQ2Zvg

アルミン「トーマスも幽霊になってるの?」

マルコ「うん。会ったよ。あとミーナとかフランツとか。もう皆成仏してったけど」

アルミン「え、そうなんだ…」

マルコ「楽しかったなぁ。幽霊皆でやったお疲れさま会。食事はできないからゲームとかやったりして…」

アルミン「君の場合はお憑かれさま会なんじゃない?」

マルコ「キャンプファイヤーでのマイムマイムはやっぱ定番だよなー」

アルミン「キャンプファイヤーって…おい!あの時か!こっちが悲嘆に暮れてる時に!」

マルコ「焼きマシュマロ食べたかったなぁ…燃料自分たちだけど」

アルミン「おい」

マルコ「あ、これはミーナが言ってたことだよ」

アルミン「うわぁ…こっちが悲しんでる時にマルコたちはレクやってたとか…うわぁ…」

マルコ「生きてるとなかなか全開ではしゃげないよねー全員テンション高くて凄かった」

アルミン「なんだろう…この温度差…」





24以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/22(土) 10:26:58 ID:0WgQ2Zvg

アルミン「あぁ…ずっと話してたらかなり時間経っちゃった…」

マルコ「あ、そろそろ戻る?」

アルミン「うん…」

マルコ「じゃ、逝こうか」

アルミン「僕はまだ先でいいよ…そっちに引っ張らないで…」

マルコ「軽いゴーストジョークだよ。さぁごはんごはん!」

アルミン「わっ!断面こっちに向けるなよ。まだ若干慣れてないんだから…」

マルコ「あ、失礼。僕も若干慣れてないもんだから」

アルミン「食事前だというのに」

マルコ「マルコのココ、空いてますよ」

アルミン「物理的にね」

ライナー(なんだ…あれは…)





25以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/22(土) 10:27:38 ID:0WgQ2Zvg

ライナー(いつまで経っても来ないから探しに来たら…アルミンの奴、一人でしゃべってやがる…)

ライナー(…そうだよな…あんなにいろいろあったんだ…心が疲れても仕方ない…)

ライナー(俺がよく気にかけておいてやろう…)

ライナー「(ちょうど今来たフリをして…)おう、アルミン、こんなところにいたのか」

アルミン「あ、ライナー」

ライナー「飯の時間だ。いくぞ」

アルミン「うん」

マルコ「ある程度遊んだらどっか旅行いこうかなー」

アルミン(こいつ本当に自由だなぁ…)





26以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/22(土) 10:28:45 ID:p7exI05Y

不謹慎にも程があるw





27以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/22(土) 12:17:54 ID:Ene0iBmc

生き生きしてるマルコさん眩しいです





28以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/22(土) 14:50:31 ID:.Qx8HYgY

またマルコsageか…





30以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/23(日) 16:07:49 ID:Idbd8.Ak

数日後

マルコ「あれ?今日はなんかあるの?」

アルミン「ずっと僕にくっついてるんだから君も聞いてただろ?調査兵団が捕獲した巨人が誰かに殺されたんだ」

マルコ「あーそういえばそんなこと誰か言ってたね」

アルミン「そう。だから立体機動装置を使った形跡がないか検査するんだ」

マルコ「へぇー犯人見つかるといいな」

アルミン「…ねぇ、マルコ。こんな時に聞くのはなんだけどさ…」

マルコ「スリーサイズ?」

アルミン「違うよ…」

マルコ「BとWは激痩せしちゃったからな…Hだけでいい?」

アルミン「聞けよ」





40以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/24(月) 22:20:11 ID:yY5ZpJHk

マルコ「そんなショックにも負けず、戻ってきた次第です」

アルミン「はぁ…」

マルコ「あ、そうそう。>>30だけど改めて自分の体をよく見たらWは別に激やせしてなかった」

マルコ「少し見栄張っちゃった。ごめんね!」

アルミン「うん…すごくどうでもいい…」

マルコ「そんなとこでこれからもよろしくね!」

アルミン「こんなことならマルコと友達になるんじゃなかった」

おわり





31以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/23(日) 16:08:25 ID:Idbd8.Ak

アルミン「君ってやっぱり巨人に殺されたの…?」

マルコ「そうだよ」

アルミン「…そっか…」

マルコ「どうしてそんなことを?」

アルミン「ジャンがさ…君がどんな風に死んだのかって…言ってたんだ…」

マルコ「…そう。まぁ確かに人に看取られて死ねなかったね」

アルミン「…マルコが死ぬなんて思ってもなかった」

マルコ「…」

アルミン「…立体機動もそれなりに上手かったし、判断力も兼ね備えてた。そんなマルコが…」

マルコ「うわ、いきなり褒めないでよ。照れる」

アルミン「…」

コニー「お、アルミン、こんなとこで何やってんだ。早く行かないと怒られるぞ」

アルミン「あ、うん…」





32以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/23(日) 16:09:03 ID:Idbd8.Ak

検査官「これを最後に使用したのはいつだ」

訓練兵「はっ!前の奪還作戦以来、使用していません!」

コニー「なぁ…やっぱり憲兵のほうがいいのかな…どう思う…?」

マルコ「憲兵かーなりたかったなー。行きたいなら行ってもいいんじゃない?」

アルミン「…」

マルコ「あ、旅行、シーナに行こうかな」

アニ「…あんたは人に死ねといわれたら死ぬの?」

コニー「へ?」

マルコ「王都見学ツアー…って行っても一人だけど…うん、楽しそう」

アルミン(本当に旅行するのか…)

マルコ「あ、今思ったけど普通に王見られるじゃん。生で。わ、楽しみ。早速行ってこよ」

アルミン(うるさい…ん?)





33以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/23(日) 16:09:47 ID:Idbd8.Ak

検査官「これを最後に使用したのはいつだ」

アニ「奪還作戦以来、使用していません」

検査官「…うむ。使った形跡もないな…よし、いいだろう」

アルミン(…あれは!)





34以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/23(日) 16:10:20 ID:Idbd8.Ak

アルミン(あの傷…へこみ…!間違いない!マルコの立体機動装置だ…!)

アルミン(なんでアニが…!?一体どういうことだ…)

アルミン(…調査兵団の巨人を殺したのはアニ…なのか…?)

アルミン(…さっきマルコは巨人に殺されたと言っていた…)

アルミン(考えろ…巨人殺し…アニ…立体機動装置…マルコの最期…)

アルミン(…)

アルミン(考えるより本人に聞いたらよくない?)





35以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/23(日) 16:10:53 ID:Idbd8.Ak

アルミン(マルコ!マルコ!)キョロキョロ

アルミン(…あれ?)

アルミン(さっきまでいたのに…どこへいった?)

コニー「アルミン、キョロキョロしてどうしたんだ?」

アルミン「あ…なんでもないよ…」

アルミン(最近は鬱陶しい程絡んできたから近くにいるはずなんだけど…)

アルミン(あれ?あれれ?)

アルミン(…ん?そういえばさっき…)

マルコ『早速行ってこよ』

アルミン(…)

アルミン(奴、旅行に行きやがった)





36以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/23(日) 16:11:58 ID:Idbd8.Ak

検査終了後・井戸

アルミン「なんでこのタイミングでいなくなるんだよ!!」ワー

アルミン「濡れ落ち葉みたいにずっとくっついてたくせに!!」ワー

アルミン「よりによってなんで必要な時にいなくなるんだクソが!!」ワー

アルミン「バカ!バカ!バカ!バカ!もう…バカ!そばかす!」ワー

アルミン「」ハァハァ

アルミン「…でも今日は久しぶりにゆっくり寝れる…!」

ライナー(アルミン…井戸に向かって何か叫んでたな…大丈夫だろうか…)





38以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/24(月) 22:18:45 ID:yY5ZpJHk

若干本誌のネタバレあり

アルミン「それから一週間、マルコは帰って来なかった」

アルミン「不思議なものであんなにうるさかったはずなのにいざいなくなると寂しいものだった」

アルミン「もしかしたらあれはマルコの幽霊でもなんでも無く、僕の願望が見せた幻だったのかもしれない」

アルミン「静かな夜、ふとマルコと過ごした訓練生活を思い返すと自然と涙があふれた」

アルミン「こんなに悲しい思いをするならマルコと友達になるんじゃなかったと何度も身勝手なことを考えた」

アルミン「僕はなんとしてでも彼の死の真相を確かめたい。そのためには…」

マルコ「ただいま」

アルミン「折角格好よく閉めようと思ったのにこの野郎」





39以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/24(月) 22:19:30 ID:yY5ZpJHk

アルミン「もう帰ってきたの?」

マルコ「うん。壁外調査までには帰ってこようと思って」

アルミン「…本当は?」

マルコ「王の枕元にずっといたら塩まかれた」

アルミン「やっぱりお金があると違うなぁ」

マルコ「あと…まぁ…うん…いろいろ黒かった…」

アルミン「?」





41以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/24(月) 22:21:00 ID:yY5ZpJHk

久しぶりに進撃書いたら半端ないスランプ
寝る





42以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/24(月) 22:28:40 ID:dPO8W132


面白かったよ
もう少し読みたかった





44以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/25(火) 07:45:28 ID:nRWnflU6

幽霊ものって大抵幽霊になったやつがフリーダムになるよね
面白かった乙





45以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/25(火) 12:21:13 ID:hiGqFLY6


そりゃ死んだら俺だってフリーダムになるわ





43以下、名無しが深夜にお送りします2014/02/25(火) 01:36:15 ID:679e8kSI

おつん
面白すぎてちょっぴり泣けた





進撃の巨人 10話 アルミン覚醒
引用元:アルミン「こんなことならマルコと友達になるんじゃなかった」
アニメモトップへ戻る

コメント

Amazonランキング

オススメ記事