最近アニメの舞台化が多いと思ったら『2.5次元ミュージカル』協会が設立してたwwwwwwwwwwwwww

0

日本が誇る最強・最新コンテンツ
“2.5次元ミュージカル”、いよいよ協会設立





AnimeJapan 2014 2日目、一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会設立の記者会見が行われた。
2.5次元ミュージカルとはアニメ・ゲーム・コミックを基にしたライブエンターテインメントのことを指している。
ここ数年、このジャンルの舞台の観客増加は著しい。
昨年の観客動員数およそ160万人、作品数も70本ほど上演された。
また、人気タイトルは海外からのファンの視線も熱い。
ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』やミュージカル『テニスの王子様』等、海外でも知られているタイトルは外国からの問い合わせも多いと聞く。
この協会は国内だけでなく海外も見据えての設立である。

代表理事の松田誠から挨拶と解説があった。

「2.5次元ミュージカルとは、2次元のアニメ・ゲーム・コミックをミュージカルや舞台に“変換”したものを指しています。2.5次元とはユーザーやファンが作った言葉で、今はファンの間では一般的な言葉となっています。2次元と3次元の中間点です。これは新しいマーケットでアニメやコミック。ゲームの枠を超えて作り出した新しい世界です」と解説。
人気タイトルであるミュージカル『テニスの王子様』は現在、累計170万人以上の動員数。過去には日本人キャストで韓国や台湾で公演の実績もある。
また、昨年はミュージカル『美少女戦士セーラームーン』も久々の上演もあり、新しいところでは『弱虫ペダル』、公演はプラチナチケット、人気の高さがうかがえる。
会見ではこれらの作品の映像が流れた。

この協会の目的は明快である。
国内での2.5次元ミュージカルの充実および、海外のマーケットに向かって、日本の誇る“文化”として発信していくことにある。
課題もあるが、可能性は大いに高い。
海外に対して松田は、「カタログ化(ライツビジネスの推進)、海外のコンベンションの参加、海外公演やライセンスビジネス、世界の若者の文化の標準、こういったことを目的としています。
我々のミュージカルを“輸出”するんです」と熱く語った。

http://animeanime.jp/article/2014/03/23/17994.html












最近ブラコンとかKとかやたら舞台化が多いと思ったら
こういう背景があったんですね


てかテニミュ凄すぎ…


2.5次元ミュージカル☆考察☆前編

とらドラ!のみのりんだけどさ・・・ | 腐女子速報

ハヤテのごとくって旧アニメの頃は最高だったよな | 腐女子速報

サザエさん一家VS野原一家VSちびまる子ちゃん一家 | 腐女子速報

一般的に使われていない熟語を使いまくるギャルゲやラノベって | 腐女子速報

アニメモトップへ戻る

コメント

Amazonランキング

オススメ記事