ヨネダコウさん原作、実写映画『どうしても触れたくない』初日舞台挨拶レポ&感想

0

人気コミック実写映画『どうしても触れたくない』主演の米原幸佑、男性との絡みに集中して役づくり



31日、ヨネダコウの人気コミックを実写映画化した『どうしても触れたくない』初日舞台あいさつが、シアター・イメージフォーラムにて行われ、米原幸佑、谷口賢志、富田翔、天野千尋監督が登壇した。

本作は「このBLがやばい! 2009年腐女子版」で第3位に輝くなど、ボーイズラブファンの間では「泣けるBL」として根強い人気を誇っているコミックの実写映画版。
この日は正午にチケット発売開始予定だったが、劇場には朝から長蛇の列ができ、急遽、2時間ほど発売を繰り上げたものの、あっという間に完売という事態が発生するほど。


そんな状況に、恋に臆病になってしまった主人公の嶋を演じた米原は、感無量な表情を浮かべつつ「撮影中から、とても大切な役に出会えたと思っていました」と胸の内を明かすと
「最初は男性と絡むのは初めてだったので、不安はありましたが、天野監督に『丁寧に人間の気持を描いた作品なので、安心してほしい』と言っていただいたので、クランクインまでに集中して役を作りこめました」と嶋というキャラクターへの思いを語った。

一方、家族に強い憧れを持つノンケの上司・外川を演じた谷口も「監督から『原作のキャラクターに寄せていくのではなく、谷口さん自身に外川というキャラクターを寄せていってください』と言われたので、原作ファンも、そうでない人も、すべての人に作品を楽しんでもらいたいということを考え続けて撮影に臨みました」と外川という役への強い思いを吐露。

そんな2人に天野監督は「撮影中も編集中も、嶋、外川、(富田演じる)小野田と、それぞれのことをずっと観ていたいなと思えた。
監督は(出演する)キャラクターを好きにならないとダメだと思っていたので、その点はとてもよかった」とキャスト陣へ労いの言葉をかけると「原作の持っている世界観、空気感を壊さないということはもちろんですが、原作に寄り添いつつも、映画ならではの違った楽しみ方をしてもらいたいという思いで取り組みました」と力強く作品をアピールしていた。(磯部正和)



http://www.cinematoday.jp/page/N0063391
朝からうだるような暑さ。
都心でも真夏日の予報が出ているにもかかわらず、劇場前は早くから整理券を求めて集った大勢のファンで溢れていました。

皆さん本当に今日のこの日を心待ちにしていたんですね。
そしてお昼12時からの整理券配布に対し、午前10時過ぎには行列が上限に達したとの悲報が。



上映1時間前になると、会場の周辺にはじわじわと人だかりが出来始めました。
そのほとんどが女性ですが、時折男性の姿も見受けられます。
また、外国人の女性2人組が、整理券が無いと鑑賞できないと知り肩を落として去っていく…という場面にも出くわしました。
世代や性別、そして国籍さえも超える今作の人気を改めて実感しました。




映画『どうしても触れたくない』初日舞台挨拶レポート



司会の方の呼び込みを受け、嶋俊亜紀役の米原幸佑さん、外川陽介役の谷口賢志さんが登場…したものの、ハプニングなのか、フロア内は真っ暗のまま…。
「公開初日にアクシデント最高ですね(笑)。一生思い出に残りますね!」と谷口さん。
会場は爆笑、一気に和やかなムードに包まれました。



また撮影中、印象に残っていることは?との質問では、“キャラクターを自分達に寄せる”ことで、五日間(!)という凝縮された期間で行われた撮影中は役が抜けず、ほとんど話さなかったと語った米原さんと谷口さん。

「キャンペーン期間に入って、今はじめていっぱい話してる気がします(笑)」と互いに笑顔を交し合う場面も。

一方「最初の方ですけど…このあと2人はキスするのか、と思うと僕までどきどきしました」と富田さん。 そんな富田さんに谷口さんは「見て分かるとおり、翔はいつも一言面白いこと言わないと気がすまない男なんですよ」と楽しげな様子です。
「小野田そんなことしないでしょ!という事をテストでいつも入れてくる。
監督が『あっ、それは、やらないで大丈夫です』って言うまでが毎回ワンセットなんです(笑)」と現場の和やかな雰囲気が伝わる裏話を明かしてくれました。


MC:最後に、皆さんの好きなシーン、オススメのシーンを教えてください。



米原
「ゆっくり積み重なっていく映画なのですが、僕はラストのシーンが本当に好きで。…外川さんが、かっこいいんですよ。僕がキュンキュンしたように、皆さんにもキュンキュンしてもらいたいなと思います」

谷口
「この2人が、関係が変わっていくとともに人間も変わっていく、その様子を丁寧に撮っていただいています。嶋は僕を褒めてくれましたが、嶋がどんどんどんどん可愛くなっていきます。最後は本当に素敵な顔になっていますので、そこを観てもらいたいです。愛が届けばいいなと思います」

富田
「2人の移り行く表情を見てほしいですね! この90分という作品のなかで、そこがとても表現されていると思うので。そのなかで、小野田という人物がどう関わってくるのか、そして僕の小野田は皆さんに受け入れてもらえるのか…その辺りを中心に、僕はツイッターをチェックしますのでゼヒ宜しくお願いします(笑)」



いつでも笑いの要素を忘れない富田さん。
きっと撮影現場のムードメーカーだったのだろうなということが伝わり、会場も最後まで温かな空気で包まれていました。

http://www.chil-chil.net/compNewsDetail/k/blnews/no/5392/

どうしても触れたくない



『どうしても触れたくない』は、ヨネダコウによる日本の漫画作品。


あらすじ



新しい職場に初めて出社した日、嶋はエレベーターで上司となる外川と出逢う。
前の職場でゲイと噂され、恋人から手酷い扱いを受けた過去から、傷つく事に臆病な嶋だったが、無遠慮に見えて気遣いを忘れない外川に徐々に惹かれ、一線を越えてしまう。
関係が続く中、辛い過去を持ちながらもポジティブに生きる外川に、惹かれつつも素直になれない嶋は、外川が本社に栄転が決まったことで別れを決意する。


登場人物



嶋俊亜紀(しま としあき)


受、26歳、NEXT社システム課所属の会社員。
神奈川県出身。
身長167cm。
血液型A型。
ゲイ。
無口で無愛想で根暗。
毒舌かつ素直。
勤務態度は真面目で仕事の知識も豊富。
タバコとアルコール(特にビール)の匂いが嫌い。
緊張すると饒舌になる。
結構泣き虫。
ギャップがエロイと称される。
魔性のノンケキラー(小野田談)。
普段は無表情ながら、恋愛ごとに関しては顔に出やすい。
転職後、外川との出会いは、エレベーター内で二日酔いの匂いをまき散らされる最悪なものにも関わらず、その人柄に徐々に惹かれていく。
前の職場で同僚の恋人にゲイの噂を流され酷い扱いを受けた事から、人を好きになること、傷つく事に臆病になっている。
家族への憧れを持つ外川を好きになることで、自身が傷つくことをひどく恐れている。


外川陽介(とがわ ようすけ)


攻、29歳、NEXT社システム課課長。
北海道出身。
身長177cm。
血液型O型。
無遠慮で図々しいようで、仕事と気配りの出来る男。
酒飲みの愛煙家。
よく二日酔いで出勤する。
オヤジ臭い言動及び行動が多々ある。
人並みに女好きのノンケだが、嶋のギャップに落ちて一線を越える。
好きな相手には誠実で優しい。
7歳の時に父親を交通事故で亡くし、後追い自殺で家に火を放った母親のせいで弟を亡くすが、母と共に生き残る。
その生き残った母親は5年間の服役の後、自殺した。
それらの過去の辛さを思春期に乗り越え、今では前向きで明るく生きている。
本社に栄転後、嶋に告白(?)をした部下の小野田をある意味警戒している。
意外と嫉妬深い。


米原幸佑


米原 幸佑(よねはら こうすけ、1986年3月13日 – )は、日本の俳優、タレントである。
よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している。
RUN&GUNおよびココア男。のメンバー。
血液型はAB型。身長163cm、体重58kg。大阪府出身。



来歴
元関西ジャニーズjr。 2000年より、浅倉大介プロデュースのダンスユニットD.A.N.Kのメンバーとして活動を開始。
2001年、よみうりテレビのオーディション番組『スタパー!!』にて上山竜司、宮下雄也、永田彬と共にRUN&GUNを結成。
同年7月4日、シングル『LAY-UP!!』でCDデビュー。
また2010年4月14日には、シングル『甘い罠 苦い嘘、、、』でココア男。としてもCDデビュー。
現在は俳優業を主とし、テレビ・映画・舞台を中心に活動中。


谷口賢志


谷口 賢志(たにぐち まさし、1977年11月5日 – )は、東京都出身の俳優である。身長180cm、血液型O型。株式会社ソサエティオブスタイル(SOSエンターテイメント)所属。演劇ユニット(ハイブリッド アミューズメント ショウ bpm)のメンバーとして、舞台を中心に活動。
特技はサッカー、ダーツ。





http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%8F%A3%E8%B3%A2%E5%BF%97 米原幸佑 wiki

ネットユーザーの反応














アニオタ「俺アニメオタクだわ~wこのアニメ好きw」 俺「円盤見せて」 アニオタ「持ってない…」 | 腐女子速報

バカ「日本のアニメはすごい!世界から絶賛!」 | 腐女子速報

【※閲覧注意】ラブライブ声優をTwitterで検索すると『内田彩 おしっこ』って出てくるんだが・・・ | 腐女子速報

ハヤテのごとくって旧アニメの頃は最高だったよな | 腐女子速報

【BL】どうしても触れたくない【販促MAD】

とらドラ!のみのりんだけどさ・・・ | 腐女子速報

サザエさん一家VS野原一家VSちびまる子ちゃん一家 | 腐女子速報

頭のおかしいアニメオタク | 腐女子速報

一般的に使われていない熟語を使いまくるギャルゲやラノベって | 腐女子速報

アニメモトップへ戻る

コメント

Amazonランキング

オススメ記事