宮野真守さん、中村悠一さん、小野大輔さん、新劇場版【頭文字D Legend1-覚醒-】を語る!

2

新劇場版「頭文字D」 Legend1-覚醒-







宮野真守さん、中村悠一さん、小野大輔さんの3人が『頭文字D』を語る!
『新劇場版「頭文字D」Legend1-覚醒-』インタビューを掲載 2014年8月23日(土)より、ヤングマガジン創刊35周年を記念した劇場アニメ作品『新劇場版「頭文字D」Legend1-覚醒-』の公開が予定されている。
本作に参加した宮野真守さん、中村悠一さん、小野大輔さんの3名に、インタビューを敢行。
本稿では、すべてが一新した『頭文字D』へ、キャスト陣がかける想いが語られたインタビューをお届けしていく。



質問:――改めて『頭文字D』新作の新キャストに抜擢された感想をお聞かせください。



宮野真守さん(藤原拓海役)





オーディションお話を頂いた時は、すごく驚きましたね。
そして拓海に決めていただいた時には、正直、大きなプレッシャーもありました。
そして決まった役が主人公の拓海ですから、プレッシャーも少なくありませんでした。
僕はあまり車の知識がある方ではありませんでしたが、自分なりに勉強をしながら、自分ができる最高の演技ができるように、誠心誠意収録に臨みました。


中村悠一さん(高橋啓介役)





原作の『頭文字D』は、自分がまだ声優という仕事に就く前から、いちファンとして楽しんでいた作品でした。
そんな『頭文字D』を新たに劇場アニメとして制作するという機会に、自分が加われているという事実に対しては、なかなか実感が湧きませんでしたね。
完成した映像を観てはじめて「新しいものを生み出したんだ」という感覚が湧いてきました。
制作側に参加している自分としても、非常に身が引き締まる思いです。


小野大輔さん(高橋涼介役)





僕達が青春時代を過ごしていたときから『頭文字D』というタイトルは、周囲の仲間たちと一緒に盛り上がれる、すごく熱いエネルギーを感じる作品です。
まさかそんな作品に関わるなんて、自分も想像していませんでした。
いろいろな形で男の子の”好き”が詰まっている作品なので、みんなの”好き”を注ぎ込んで、スタッフ・キャスト一丸となって頑張っています。



質問:――新しくなった『頭文字D』を実際に観ての感想があれば、お聞かせいただけますか。



宮野真守さん(藤原拓海役)





『頭文字D』は”音”にもすごくこだわっていて、サーキットで実車の音を録って、それを劇中に使用しているんです。
完成した映像の中にその音が当てられると、その格好良さが一気に倍増していて、とにかく感動しっぱなしでした。


中村悠一さん(高橋啓介役)





今回の上映で初めて映像を観たのですが、アフレコの時点で想像していた内容をはるかに超えるクオリティーでした。
収録した自分たちの音声も、言い換えてしまえばひとつの素材になるんですよ。
そこにBGMがどう乗るのかとか、演じる時点では想像できませんから、完成した映像を観た時は驚きました。
主題歌のかかる瞬間に挿入される一瞬の“間”だとか、とにかく演出が格好良くて引き込まれてしまうんです。
作品にキャストとして関わっている自分が、(完成した映像を観て)冷静でいられない作品というのは、素直に「良いな」と感じました。
……あと、ヒロインの「茂木」がエロかったです。
水着のシーンとかはもう、ツヤッツヤでしたからね!


小野大輔さん(高橋涼介役)





おふたりが言っていた通り、レースシーンも素晴らしいのですが、ドラマのシーンも素敵ですよね。
そこに思春期真っ只中の、車が大好きな少年たちが確かに存在しているという部分が巧みに描かれている。
その点は、原作を読んでいる時よりも、より強く感じた要素かもしれません。



質問:――『頭文字D』という作品の、原作から貫かれている良さは、どこにあると思いますか?





宮野真守さん(藤原拓海役)



「男だったら熱くなる要素が詰まっている作品だ」という点ですね。
やっぱり男って“男気”だとか“ポリシー”だとか、そういうものが大好きなんですよ。
『頭文字D』のキャラクターは、それぞれに自分だけの男らしさを持っていて、レースはそれがぶつかり合う瞬間なんですよ。
その熱い展開は、やっぱり男なら燃え上がりたくなるじゃないですか。
それが『頭文字D』の魅力なのではないか、と思います。


中村悠一さん(高橋啓介役)



題材は車の峠バトルなのですが、そのストーリーはしっかりと少年漫画の王道を通っているんですよ。
だから、たとえ車が分からなくとも、作品を楽しめる所が『頭文字D』の良さなのだと思います。
初めて原作を読んだ時には車に興味がなかった自分も、そのストーリーに引き込まれましたからね。
例えば、この題材が自転車に変わったとしても『頭文字D』は成功しているんじゃないかと思います。
まぁ、その影響で「GTRってのは悪いやつが乗る車なのか?」とか、『頭文字D』的な偏った知識が付いたりもしましたが……。
それも楽しみ方のひとつですよね(笑)。


小野大輔さん(高橋涼介役)



涼介を演じた視点から観てみると、作中に出てきたわからない言葉を自分で調べて、知識が増えていくのも楽しいですよね。
車の奥深い世界を垣間見ることの快感。
そんな部分にやっぱり男の子はシビれるんです。



質問:――それぞれのキャラクターを演じるにあたって、意識したことなどがあれば教えてください。



宮野真守さん(藤原拓海役)





拓海は大人っぽいキャラクターなのですが、オーディションの時から「彼が高校生であることは忘れずに意識してほしい」と言われてていました。
なのでアフレコの際には、自分が過去に持っていた若さを思い出しつつ“大人びた高校生”の、実は思春期全開の若さを意識しながら言葉を紡いでいきました。


中村悠一さん(高橋啓介役)






アフレコ中には常に「仕上げないでくれ」と言われていました。
僕の演じた啓介は、拓海と勝負した後にも、どんどん成長していくキャラクターなんですね。
今回の物語は、拓海と勝負する前から始まりますので、まだ未熟な部分が多くあるんです。
なので、小野さんの演じられた理論派な涼介との対比を、初めて観たお客さんが理解できるように、強く意識しています。
モノローグの中で少しずつ感情を出していく手法だとか、そういった声優として培った技術が“青さ”を消していたようで、音響監督さんから色々と指導をいただきました。
拓海とレース後に話すシーンなんかは、次の予定に遅れそうになるくらい録っていましたよ。


小野大輔さん(高橋涼介役)





涼介はクールな分析担当のキャラクター。
淡々と物事を説明していく役割が多いです。
感情よりも理論を口に出す方がメインになってくるので、それをいかに自分らしく、涼介らしく語るのか、という部分を考えました。
そうして行き着いたのは「車が好きすぎて仕方ない」という信念です。
彼は仕事ではない、人生をかけて追い求めるものとして最速を目指しています。
ですから、冷静に見える涼介も、ただ淡々と演技をしてはいけません。
冷静な心の中にふつふつと煮えたぎる情熱が見えるように気を配りました。

http://www.animate.tv/news/details.php?id=1408509797&p=4

ネットユーザーの反応














宮野真守





宮野真守
プロフィール
愛称マモ
性別男性
出生地日本の旗 日本・埼玉県大宮市(現さいたま市)
生年月日1983年6月8日(31歳)
血液型B型
職業声優、俳優、歌手
事務所劇団ひまわり
配偶者あり
公式サイト宮野真守 OFFICIAL WEB SITE
公称サイズ(2014年時点)
身長 / 体重182 cm / 71 kg
靴のサイズ26.5 cm
声優活動
活動時期2001年 -
ジャンル吹き替え
デビュー作
グリフェン・ロウ(『私はケイトリン』)
俳優活動
活動時期1990年 -
デビュー作西友『西友大市』
音楽活動
活動時期2007年 -
ジャンルJ-POP、アニメ・ゲームソング
職種歌手
レーベルキングレコード
共同作業者三嶋章夫
影響EXILE、CHEMISTRY
引用元宮野真守

中村悠一





中村 悠一
プロフィール
愛称ゆうきゃん
性別男性
出生地香川県
生年月日1980年2月20日(34歳)
血液型B型
身長175 cm
職業声優
事務所シグマ・セブン
引用元中村悠一

小野大輔





小野大輔
プロフィール
愛称小野D(おのでぃ)、D(でぃ)
性別男性
出生地日本の旗 日本・高知県高岡郡佐川町
生年月日1978年5月4日(36歳)
血液型O型
身長175 cm
職業声優、歌手
事務所マウスプロモーション
家族父、母、兄
声優活動
活動時期2001年 – フルメタル・パニック!(アニメデビュー作)
音楽活動
活動時期2007年 -
ジャンルJ-POP、アニメソング
職種歌手
レーベルLantis
引用元小野大輔 wiki


来歴
日本大学芸術学部放送学科、青二塾日曜クラス卒。
大学では当初テレビ番組制作を学んでいたが、大所帯へのディレクションがうまく行かず挫折。
その後ラジオ番組制作に転向し、ラジオドラマ制作中にスタッフ不足で出演者側となった事が声優を目指すきっかけとなった。
尚、デビュー当初は吹き替えでの活動を主としていた。
2007年よりミニアルバム「ひねもす」で本人名義での音楽活動を開始。
2008年より毎年末に開催される「Original Entertainment Paradise“おれパラ”」ではホストの一人としてライブを披露している。
他のホストは岩田光央、森久保祥太郎、鈴村健一。
2008年、第二回声優アワードサブキャラクター男優賞(助演男優賞)受賞
2010年、第四回声優アワード主演男優賞受賞
2011年、アニメージュ第33回アニメグランプリ声優部門にてグランプリを受賞

人物
獣医の兄が1人いる。
モットーは「期待は裏切る。予想は超える。」。
最近は「世に生を得るは事をなすにあり」。
お化けやホラー映画が苦手で、仕事でもホラー映画のリハーサルビデオを見るときに時間がかかる。
神社仏閣や仏像が好きで、『小野大輔のGIGらNight!』では「今週の仏陀」というコーナーを持っていた。
好きな漫画は『美味しんぼ』や『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ等。
サッカー好きで、プレミアリーグではマンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグスのファン。
またアルゼンチン代表を応援しており、フアン・セバスティアン・ベロンの大ファン。
自身もサッカー部でレギュラー(右ウイング)だったが、高知県内では活躍できても遠征すると乗り物酔いでベンチにも入れない事も多く、「デニス・ベルカンプのよう」な選手だったという。
ちなみに小学生時代、当時チームメイトで現ジェフユナイテッド市原・千葉DFの山口智と全国大会に出場した事がある。
出身地である高知県佐川町の成人式での講演や、文化庁・高知県教育委員会主催「全国読書フェスティバルin香南」で朗読を行うなど、故郷に馴染みが深い。
2010年4月には高知県観光特使に任命された。

エピソード
愛称「おのでぃ(小野D)」は、業界に「だいすけ」という名の声優が多く、イベントで堀内賢雄が舞台袖から「だいすけ」と呼びかけた際に色んな人が振り向いてしまったという出来事がきっかけとなって生まれた。
その繋がりか同じだいすけ名の先輩声優である岸尾だいすけ、阪口大助、浪川大輔、平川大輔とDAISUKE!というユニットに参加していた事もある。
同じ1978年生まれの声優近藤孝行・菅沼久義・立花慎之介・日野聡・福山潤・間島淳司らと「DABA」というユニットを組んでいる(DABA内での呼称は「まさし」)。
得意料理はカレー。
なお、『みなみけ おかえり』第2話で流れたカレーのうたは、原作第113話の歌詞に一部本人のアドリブで考えられた歌詞が付け加えられている。
anan1716号で宮野真守と共に「イケメン声優」として紹介された。
事務所からの携帯着信音は、自身がアニメ初主役を務めた『AIR』のOP曲「鳥の詩」。
『バトルスピリッツ 少年激覇ダン』への出演がきっかけでバトスピに嵌り、上級者の証である「ハイランカーパス」を所有している。
なお、自身が演じるクラッキー・レイも同じく所有。
前々から出演したかった『テニスの王子様』に出演を遂に果たし、同作品のイベント『テニプリフェスタ』にて、小野坂昌也にほっぺにキスをされた(別講演では『木内秀信』が餌食になっている)。

頭文字D(イニシャル・ディー)



頭文字D(イニシャル・ディー)
ジャンル青年漫画、自動車漫画
漫画
作者しげの秀一
出版社講談社
掲載誌週刊ヤングマガジン
レーベルヤンマガKC
発表期間1995年30号 – 2013年35号
巻数全48巻
アニメ:頭文字D
頭文字D Second Stage
頭文字D Fourth Stage
頭文字D Fifth Stage
頭文字D Final Stage
原作しげの秀一
監督三沢伸(頭文字D)
政木伸一(2nd Stage)
冨永恒雄(4th Stage)
橋本みつお(5th Stage、Final Stage)
脚本戸田博史( – 2nd Stage)
岸間信明(4th Stage、5th Stage、FInal Stage)
キャラクターデザイン古瀬登(頭文字D)
佐藤正樹(2nd Stage、5th Stage、Final Stage)
加野晃(4th Stage)
メカニックデザイン横井秀章
アニメーション制作スタジオコメット、ぎゃろっぷ(頭文字D)
パステル(2nd Stage)
A.C.G.T.(4th Stage)
シナジーSP(5th Stage、Final Stage)
製作プライム・ディレクション( – 2nd Stage)
トゥーマックス
(4th Stage ACT.1 – ACT.10)
ウェッジリンク
(4th Stage ACT.11 – ACT.24、5th Stage、Final Stage)
オービー企画( – 4th Stage)
放送局FNS系列の一部の局 / KBS京都
アニマックス
パーフェクト チョイス プレミア
放送期間1998年(頭文字D) – 2006年(4th Stage)
2012年11月9日[1] -
2013年5月10日[2] (5th Stage)
2014年5月16日-6月22日(Final Stage)
話数81話( – Final Stage)
OVA:Extra Stage インパクトブルーの彼方に…
監督山口史嗣
キャラクターデザイン佐藤正樹
メカニックデザイン横井秀章
製作オービー企画
話数1話
映画:Third Stage -INITIAL D THE MOVIE-
監督山口史嗣
制作スタジオディーン
封切日2001年
上映時間103分
映画:頭文字D THE MOVIE(実写映画)
監督アンドリュー・ラウ(劉偉強)
アラン・マック麥兆輝)
制作Media Asia(寰亞電影)/エイベックス
封切日2005年6月
上映時間109分
引用元頭文字D
新劇場版「頭文字D」Legend1-覚醒- 第2弾予告篇
アニメモトップへ戻る

コメント

  • 1.通りすがりの腐女子さんさん

    なんでこんな足長いんだ〜
    イニD楽しみになってきた

    +
    0
  • 2.通りすがりの腐女子さんさん

    かかかかこええええええええ

    +
    0

Amazonランキング

オススメ記事