【チェインクロニクル】ガチプレイヤー声優:緑川光さんにインタビューしてみた結果!衝撃の事実がwwwwww

3

『チェインクロニクル』のガチプレイヤー、緑川光さん超ロングインタビュー







ゲーム好きとして知られる人気声優・緑川光さんが、セガが運営するスマホ用人気RPG『チェインクロニクル』(略称:チェンクロ)に電撃参戦!
緑川さんはすでに20人以上のキャラクターの収録を終えており、実装済みの“七彩の豹紋蛸”ルーラ以外のキャラクターの配信も予定されている。
 そこで今回は毎日かかさず『チェンクロ』をプレイしているという緑川光さんに、ゲームの魅力やプレイスタイル、おすすめの遊び方などをたっぷり語っていただきました。
緑川さんは本気のプレイヤーなので専門用語が多々登場します。
まだ、遊んでない人は、『チェンクロ』を遊んだ後に、ぜひもう一度読んでください!


■石田彰さんが居てこそ、今の『チェンクロ』は存在する!

――まずは『チェインクロニクル』の魅力を、アニメや声優ファンの読者に向けて語っていただけますか?



緑川:『チェンクロ』は話題のゲームなのでご存知の方も多いかと思います。
ひとりひとりの声優さんがたくさんの役を演じているのですが、けっして予算がなくてやっているのではなく、それをウリのひとつとしているゲームです(笑)。
もしもゲームに興味のない声優さんだったら「こんなに演じられないよ!」と思うかもしれないけど、ゲーム好きの声優さんだったら「そんなにやらせてもらえるのか!」と喜んで収録に臨めます。


――緑川さん自身も『チェンクロ』の大ファンと伺っておりますが、収録は楽しかったですか?



緑川:はい、楽しかったです。
僕以外でも声優さん自身が『チェンクロ』を遊んでいたら、いつの日か自分が担当したキャラクターを手に入れられると思うと楽しんで仕事ができます。
なので声優自身がゲーム好きかそうではないかで、この仕事に対する取り組み方が変わるかもしれないですね。


――アニメや映画だったら、『チェンクロ』のようにはいきませんか?



緑川:そうですね。
「ちょっとダブらせすぎじゃないか?」と思われてしまいます(笑)。
僕も初めは石田彰さんに「よくこの仕事を受けたね?」と聞きました。
あのとき石田さんが「やりましょう」と言ったから、それが『チェンクロ』のウリのひとつになっているのであって、もしも石田さんが「それはちょっと……」と断っていたら、いまの『チェンクロ』とは違うゲームになっていたかもしれないです。
僕と年代がほぼ同じの石田さんが、攻めの姿勢でひとりで何役もこなす仕事を受けてくれて嬉しいなと思いました。


■ここから緑川さんのゲーム愛が、フィーバーします!(必読!)

――ゲーム好きの緑川光さんとして、『チェインクロニクル』の魅力はどこだと思いますか? かなりプレイされていると伺っていますが、現在のランクはいくつですか?



緑川:たぶんあと1回、なにかクエストをやったら「102」になりますね。

一同:おおっ~!

緑川:もともとアプリにハマリ始めたときから、タワーディフェンス系のゲームは好きだったんです。
有名なゾンビのやつとかあるじゃないですか? 
あのジャンルのゲームをいくつかハマって遊びました。
そして時代が流れて、セガさんのように大きなゲームメーカーがアプリ業界に参入するようになって、それまでとは違う本格的なゲームが増えてきました。
そんなころに出会ったのが『チェインクロニクル』です。
『チェンクロ』はやっと一周年ですが、アプリゲームは変わりつつある気がします。


――緑川さんは本当にゲームがお好きなんですね? 昔からゲームをプレイされているのでしょうか?



緑川:ゲームは好きですね。
ファミコンのタイトルだけで100本は遊んでます。
東京に出てきて親にいろいろ言われない環境になったときは『ドラゴンクエストⅢ』を廃人のように遊びました。
あのときは初めは普通に座って遊んでいて、足が痺れたら立ち上がってやるんです。
そして疲れたら寝て、また起きて遊ぶ。

一同:(爆笑)

緑川:「やめなさい」って言われる相手がいませんからね。
ずっと遊んでました。


――そんなにプレイされていると、「精霊石」はたくさん購入しているのでしょうか?



緑川:僕は微課金派なんです。
毎月5000円までって決めてます。
それをとりあえず石にして、ガチャをするなり、イベントで「ちょっとココは走りたいな」というときに使ったりしてます。
どう使うかは僕の采配次第です。


――最近、石をたくさん使ったエピソードはありますか?



緑川:えっとねぇ……。
イベントで登場した“真理の魔神”ハティファスがすっげぇ欲しくて(笑)。
かわいいなって思ったんですね。
でもそのイベントが始まる翌日に、朝から晩まで続く長時間の仕事が入ってて、「これはアウトだ」と思ったんです。
だって、1日できなかったらアウトでしょ?(笑)


――その感覚はすごいですね(笑)



緑川:なんとなく「1凸できたらいいな~」というノリじゃなくて、本当に欲しかったんです(笑)。
いままでマックスまで合成できたことがなくて、最高でも「2凸」だったから。
だけどパーティーメンバーの戦力がぼちぼち整ってきたので、そろそろマックスまで限界突破したいなぁと(笑)。
しかも翌日の仕事が主役だったので、事前にチェックするセリフもたくさんありました。
そういうのがあって、たぶん燃えたんでしょうね。
そのかいがあって、あと1回でマックスというところまで集められました。
最後の1枚は普通にプレイし続ければ絶対にもらえるので、やっと仕事に集中ができる……と(笑)。

(「1凸」とは同じキャラクターを1回合成して限界突破させること。「2凸」は2回合成して、さらに限界突破させることを指す。)

一同:(笑)


■2部への期待と、オススメプレイスタイル!

――『チェインクロニクル』は2014年7月に「第2部『絆の新大陸』」に進化しましたが、遊んでみた率直な感想はいかがですか?



緑川:想像のはるか上を行きましたね。
大盤振る舞いのクリアー型のミッションは、ずっと遊んでいけば「SSR」のキャラクターがもらえるらしいですから。
僕はまだもらえていませんが、おもしろい試みだと思います。
回数こなさなきゃいけないというのはあるけれど、誰でも長く遊べば必ずもらえます。
もしも急いで欲しい場合は課金すればいい。
それはプレイヤーの自由です。
この手のアプリゲームとしては破格の大盤振る舞いだと思いますよ。


――『チェンクロ』をいまから始める人や、始めたばかりの人にアドバイスをお願いします。



緑川:最初から強いキャラクターは手に入らないかもしれないけど、コツコツ遊べば、このゲームのテーマにもなっていますが、いつかきっと強いキャラクターに出会えて、それをステップにさらに強いキャラクターも仲間にできると思います。
『チェンクロ』を始めたばかりの人は、長くゆっくり遊んでもらいたいなと思います。

時には早く遊びたいときもあるでしょうけど、そういうときは僕のようにちょこっとお金をかけたらいいんです。
もちろん基本プレイ無料のアプリなので、「ゼッタイに無課金」というポリシーも間違っていません。
だけど人間だから、あるときは「もうちょっとガチャを回したい」とか「せっかく手に入れたキャラクターを早く育てたい」とかあります。
そういう時に課金していい気分になれば、それを活力に仕事もがんばれるんじゃないかな? 
上手に課金して遊ぶのが楽しく遊ぶコツです。
たぶん「今月はいくらまで」と決めて遊ぶのがいいです。
決めないとどこまでも使っちゃいますから!

一同:(笑)

緑川:iTunesカードのお得なキャンペーンを上手に利用するのもよいですね。


――緑川さんが『チェンクロ』を遊び続けて8ヵ月くらいとのことですが、いままで遊んでいて嬉しかったことはありますか?



緑川:やはり自分が演じたキャラクターが強いキャラクターとして登場してくれたのが嬉しかったですね。
『チェンクロ』はそれまで遊んでいたので強くなくても愛でますけど、どうせやるなら尖っているキャラクターというか、足跡を残せるキャラクターがいいです。
「ルーラ」の場合は性能だけじゃなくて性格も尖ってます(笑)。



“七彩の豹紋蛸”ルーラ(CV:緑川光)

一同:(爆笑)


――最後に、ファンの読者にひと言お願いします。



緑川:『チェインクロニクル』は最初から「第2部」が決まっていたゲームではないと伺っています。
7月に第2部が実装できたのは、ゲームを愛してくださるユーザーさんに支えられたからだと思います。
ゲームはセガさんが作るものですが、ユーザーのみなさんが意見を言っていかないと、よりよいゲームになりません。僕個人としても、ここまでプレイしてきたんだから、もっともっとおもしろいモノを見せて欲しいと思っています。
きっとセガさんのチカラは、こんなモノじゃない(笑)。楽しいことを隠しているはずです。
だからユーザーのみなさんからもいろんな意見を発言してもらい、今後の展開に期待しながらずっと楽しんでプレイしてほしいです。

――ありがとうございました。



http://www.animate.tv/news/img.php?id=1408590409&p=2&n=8

ネットユーザーの反応


















緑川光



緑川 光
プロフィール
本名緑川 光
愛称グリーンリバーライト略してグリリバ。兄貴
性別男性
出生地日本の旗 日本・栃木県大田原市
生年月日1968年5月2日(46歳)
血液型B型
身長172 cm
職業声優
事務所青二プロダクション
配偶者あり
活動
活動時期1988年
デビュー作侍『キテレツ大百科』
引用元緑川光

石田彰





石田彰
プロフィール
愛称あーさん、あー様
性別男性
出生地日本の旗 日本・愛知県愛知郡日進町(現・日進市)
生年月日1967年11月2日(46歳)
血液型O型
身長163 cm
職業声優、俳優
事務所ピアレスガーベラ
引用元石田彰
可愛いくてごめん…緑川光(๑╹◡╹๑)ノ♡
アニメモトップへ戻る

コメント

  • 1.通りすがりの腐女子さんさん

    ガチプレイヤーwwwwww

    +
    0
  • 2.fjsskhuadminさん

    この人いったい何役するんだ。。。
    てか今何歳になったの?

    +
    0

Amazonランキング

オススメ記事