谷山紀章

愛称 きーやん
性別 男性
出生地 山口県宇部市
生年月日 1975年8月11日(39歳)
血液型 B型
身長/体重 177cm/(非公開)

概要

谷山紀章は賢プロダクション所属の男性声優。山口県出身。

代表作は「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズの四ノ宮那月、「黒子のバスケ」の氷室辰也など。

経歴

山口県立宇部中央高等学校、代々木アニメーション学院声優科を卒業。

声優になろうと思ったきっかけはアニメ映画「AKIRA」を見たことから。当初、声優はアニメの吹き替えだけではなく、ラジオのパーソナリティーやイベント、歌などマルチな活躍をしているという知識を持っており、仕事自体に「面白そう」という興味もあった。その後、高校卒業後に上京し、代々木アニメーション学院声優科へ通った。1995年、学内オーディションで野村道子に見出され、後に賢プロダクションへ所属。声優デビューは、『銀河英雄伝説』の一兵士役。

当初、野村が谷山紀章を見出したことは、周りから「谷山は生意気だからやめたほうがいい」と反対されていたが、野村は「生意気なくらいがちょうどいいわよ!」と押し通した。野村がいなければ現在の谷山紀章はないと言っても過言ではない。

1999年、「GIZOKU」という「卒業M」という作品の5人の後輩役で、戯賊の末裔の声を演じた。またその声優、田坂秀樹、菅沼久義、堀内真樹、伊藤祐介(後半は勝杏里にチェンジ)と共に、「G.I.zoku」としてユニットを組み音楽活動もしたが、約3年間で終了。 2004年7月、「君が望む永遠」で、男性向けエロゲー作品のキャラクターソングとしては珍しく男性主人公のイメージソングを歌い、注目を浴びる。その後、2005年2月、シングル「Daydreamin’」で歌手としてデビュー。9月には谷山がボーカルで飯塚昌明がギターの音楽ユニット「GRANRODEO(グランロデオ)」を結成。

2007年10月、小山剛志主宰の劇団の舞台「喝采」で舞台初出演を果たした。

2010年5月3日、GRANRODEOのボーカルとして日本武道館でライブを開催した。2011年10月にも開催。歌唱面では2012年3月2日、第6回声優アワードにて「うたの☆プリンスさまっ♪」のアイドルグループ「ST☆RISH」のメンバーとして歌唱賞を受賞。

2013年4月20日と21日に、GRANRODEOのボーカルとして横浜アリーナでライブを開催。

人物像について

自称「8月生まれのエロスの子供」「ツンデレ」。雑誌などで通常使われる煽りは「声優界の異端児」。キャッチフレーズは、エロトークに定評もあることも含めて「Love & Peace + Eros」、まさに野村道子に見出されるという運もあったことから「人生、谷あり山あり紀章あり」など。名前が杉山紀彰と似ていることから、よく間違われる。そもそも声優界で大輔というと、小野大輔、平川大輔、浪川大輔などいるが、それに比べたら名字が違うだけなので、そこまでややこしくないとは思われる。

実家は宇部市内のローソンを経営しているらしい。第二の故郷は「マンガ喫茶」。母親からは「きーくん」と呼ばれている。弟が2人いる。学生時代は陸上競技をしていたのは有名な話で、中学時代に100mを11秒5で走り、高校時代は400mで49秒6を、1500mで4分9秒を記録し県大会で2位になっているため、声優界最速を自負している。愛用している締めの言葉は、「愛してます、愛してください」。

声優業では演技・役作り等に拘らず、本能で役に入り込む。ただし、テレビで役所広司が言った「役作りでは演じる役柄の嫌な所をまず見つける」という言葉には深く感じたことはあるという。

趣味や嗜好について

好きな食べ物は肉。以前は牛肉もよく食べていたが「消化が悪くそのまま体に付く」との理由で、主に豚肉を食べる。豚カツも好きであるが、脂身を嫌うため、ヒレカツしか食べない。カレーには醤油推奨派。納豆も好む。苦手な食べ物は梅干しで、梅味のお菓子も苦手。また梅干し以外の漬物類、グリーンピース、ナスも苦手。

実家の近くには、山口宇部空港があるため、東京から帰郷するのには良い環境だが、本人曰く「高いところや絶叫マシン系が怖くて飛行機に乗れない」と語っている。そのため谷山が帰郷する際には新幹線を使っていると思われる。

読書家。好きなジャンルは漫画、小説(特に角川ホラー文庫)から絵本まで様々。好きな作家は貴志祐介。休みの日は家でDVD鑑賞などをして過ごすことが多いインドア系声優。本人曰く「面倒臭がりなため、基本的に何かをするために外に出て行くって発想がない」とのこと。また、夏が苦手だが、涼しげな日は自転車で出かけることもある。自転車は声優業界で「弱虫ペダル」が人気なためか、ロードバイクに乗っているのではないかと思ったが、自転車の種類は不明。

服装は柄物が好きで、特に豹柄を好む。ヘヴィメタル好きを公言しており、学生時代には主にメタリカ、メガデス、アンスラックスなどを聴いていた。NBAが好きで、中でも現役屈指のスター選手として活躍するコービー・ブライアントのデビュー当時からのファンである。また、コービーの所属するロサンゼルス・レイカーズを応援している。Twitterにおいて WOWOWで NBA中継を観戦していることを度々公言して、実際にスタジオゲストとしても出演しているため、バスケ好き声優として定着している。

好きな芸能人はロバートで、Break Outで飯塚昌明と共にお悩み相談をしたことがある。

喫煙者だったが2014年からは禁煙中。フィーチャーフォン(ガラケー)に強いこだわりを持っており、携帯電話各社の新製品がスマートフォンがメインになったのも関わらず「タバコはやめてもガラケーはやめねえ」と発言している。今後、スマートフォンの社会的な定着が進む中でどの程度までフィーチャーフォン推しが続くのか気になるところでもある。

エピソード

1999年発売の声優雑誌「アニラジグランプリ」第19号の企画グラビアにて、バスローブ一枚の姿で女性声優をはべらせ「Oh yes! 俺のフェロモン絶好調」という、奇怪なエロいあおり文句と共に映っていたことが話題となった。また、メガネ&スーツ姿で雑誌「声優グランプリ」の「LOVEMEGANE」というメガネコーナーに載り、2006年10月発売の女性メガネ愛好家向け MOOK本『メガネマガジン』に「声優界一メガネをかけさせたい男性」として紹介された。しかし本人の視力は「1.5」から「2.0」であるのだが、ファッションとしてのメガネ姿も期待したいところだ。

声優界でも3本の指に入るほど歌がめちゃくちゃうまい。GRANRODEOとして歌手活動を行っているが、メロディを正確に捉えつつも状況に合わせて歌い上げるロックはまさに怪物だ。同じシンガーとして歌唱能力がバリバリ高い宮野真守からは「谷山さんはすごくパワフルだし,僕が持ってないものをいっぱい持っていて憧れます。」とインタビューで語っている。

宮野真守とはお互いのライブを行き来する仲。仕事が終わった後に宮野真守のライブに駆けつけるなど、声優界でも熱心な宮野真守ファン。2011年には「Animelo Summer Live 2011 -rainbow-」2日目においてデュラララ!!のOPソング「裏切りの夕焼け」でコラボレーション。その後も「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズで四ノ宮那月(谷山紀章)・一ノ瀬トキヤ(宮野真守)として「Stil Still Still」を熱唱。息のあった歌声で悲しい失恋模様を見事に唄い上げた。谷山紀章はTwitterで「今更だけどね、ようやく聴いたよ那月×トキヤ『Still Still Still』自ら購入して。とても良い曲だし、ちゃんと那月で歌えてた(笑)あと個人的に、俺もマモちゃんも良い意味でキッチリし過ぎてないトコがこの曲をつまんなくなくしてる。まあこれはミキサーの手腕かもだけど」とツイートしている。

好きな楽曲は宮野真守の「オルフェ」。アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%」のOPソングで、韓国のアシアナ航空のエンターテインメントシステムにおいて “アジアの音楽” として入曲するほど世間からの評判の高い曲だが、谷山紀章は Twitterで「マモちゃんの『オルフェ』だいすき。超カッコイイ。音源だとファルセットの部分を昨日は地声でいってた。それがまたかっこよかった!彼もまた本番に強い人間だ。人前だからこそ発揮できる能力を持っとる」と語っている。今ではカラオケに行くと必ず歌うとのこと。

とあるラジオで清水愛と中原麻衣にジーパンの股間がもっこりしてる風なことを突っ込まれ、パンツをはいてないことを激白。黒歴史を作ってしまった。

インターネット上では、谷山紀章に既婚疑惑が存在する。相手はモデルの山下真実子とのことだが、それぞれ二人が Twitterやブログなどで掲載している画像の自室の背景が一致していたり、Twitterで谷山が33万人からフォローされているにも関わらず、たった56人しかフォローしている相手がいない中で、山下をフォローしたりするなど疑惑が深い。39歳で結婚しないのも不自然ではないが、結婚疑惑に関しては進展が気になるところ。

出演作品

2002年

  • キックオフ2002(高見沢健一)

2003年

  • 君が望む永遠(鳴海孝之)
  • 瓶詰妖精(せんせいさん)
  

2004年

  • せんせいのお時間(関譲治)
  • DearS(幾原武哉)
  • 美鳥の日々(沢村正治)

2005年

  • ゾイドジェネシス(ロン・マンガン)
  • ラムネ(友坂健次)
  

2006年

  • 金色のコルダ〜primo passo〜(月森蓮)
  • 奏光のストレイン(ディコン・シドノック)
  • 西の善き魔女 Astraea Testament(ユーシス・ロウランド)
  • 武装錬金(早坂秋水)
  • リリとカエルと(弟)(近藤)

2007年

  • おおきく振りかぶって(花井梓)
  • Over Drive(大和武)
  • スカイガールズ(橘遼平)
  • 天元突破グレンラガン(キタン)

2008年

  • S・A〜スペシャル・エー〜(雑賀八尋)
  • 絶対可憐チルドレン(賢木修二)
  • とある魔術の禁書目録(ステイル=マグヌス)

2009年

  • 金色のコルダ〜secondo passo〜(月森蓮)
  • 鋼殻のレギオス(シャーニッド・エリプトン)
  • NEEDLESS(左天 / 神無月鏡司

2010年

  • おおきく振りかぶって 〜夏の大会編〜(花井梓)
  • とある魔術の禁書目録II(ステイル=マグヌス、一一一)
  • 咎狗の血(グンジ)
  • ぬらりひょんの孫(清継)

2011年

  • うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%(四ノ宮那月)
  • ぬらりひょんの孫 千年魔京(清継)

2013年

  • AMNESIA(イッキ)
  • うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%(四ノ宮那月)
  • THE UNLIMITED 兵部京介(賢木修二)
  • 進撃の巨人(ジャン・キルシュタイン)

2014年

  • 金色のコルダ Blue♪Sky(東金千秋)
  • 幕末Rock(坂本龍馬)

関連ニュース

  • ランティスが初のアニメ制作 谷山紀章、キンコメ今野が声優で参加

    ランティスはGRANRODEOをモチーフとしたアニメ「ぐらP&ろで夫」を製作。作品は、GRANRODEOに憧れる高校生・ろで夫が、未来から現れたプロデューサーと名乗る生物・ぐらPの言葉を信じてロックスターを目指す様子を描く1話完結のショートアニメ。谷山がろで夫を演じる。

  • 「痛風は too fool」人気声優の谷山紀章さんが痛風の激痛に耐えていたとカミングアウト

    谷山紀章が1ヶ月間痛風発作の激痛に耐えて活動を頑張っていたとTwitterで公表。ライブでのハイジャンプ飛び降りは筆舌に尽くしがたい程痛かったとのこと。

谷山紀章のまとめ記事一覧を見る

Amazonランキング