鈴村健一

愛称 鈴(スズ)、スズケン
性別 男性
出生地 新潟県(大阪府出身)
生年月日 1974年9月12日(40歳)
血液型 A型
身長/体重 173cm/(非公開)

概要

鈴村健一はインテンション代表取締役、同社所属。石川県出身。

代表作は「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(シン・アスカ)、「銀魂」(沖田総悟)、「仮面ライダー電王」(リュウタロス/R良太郎/仮面ライダー電王ガン、クライマックスフォームの声)など。

経歴

大阪府立少路高等学校卒業後、日本ナレーション演技研究所等を経て、1994年にテレビアニメ「マクロス7」のモーリー役でデビュー。

2008年3月8日に開催された第2回声優アワードにて、ベストパーソナリティ賞・シナジー賞(「仮面ライダー電王」)をダブル受賞。同年10月8日、ランティスよりメジャーデビュー。

2011年8月13日、ブログにて坂本真綾との結婚を報告。入籍日は8月8日。同年、第一回ミュージック・ジャケット大賞2011において準大賞を受賞(CHRONICLE to the future」)。2012年3月2日に開催された第6回声優アワードにて、ST☆RISHとして歌唱賞を受賞。

同年4月に長年所属していたアーツビジョンを離れ、翌月5月1日にアーツビジョン時代からのマネージャーである桑原敦と共に株式会社インテンションを立ち上げたことを報告した。元々、同事務所は彼の個人事務所として設立されたが、2012年に入り、朋友の櫻井孝宏や、共演経験のある東山奈央の2名が加入している。

人物像について

生まれは新潟だが、父親の転勤の都合で各地を転々としており上京前にいた大阪を出身地としている。そのためかラジオではたまに関西弁が出る。転勤が多い家庭で育ったことから、上記の新潟県、大阪府以外にも、岡山県岡山市、福岡県北九州市門司区などに住んでいたことがある。そのため関西弁はあまり話せないとしている一方で、素の喋りでは関西弁訛りで話す場合が多いので、鈴村は関西人に近いと言えるのではないか。

幼い頃は喘息持ちで、呼吸法をマスターするため合気道を5年やっていた。かなりの偏食で、小学校中学年頃までは給食も満足に食べられなかったという。その反動からか大人になってからはグルメになったとのこと。

犬派で大の犬好き。現在キャバリアとヨークシャー・テリアを飼っている。名前は「もも」と「アイビー」(ともにメス犬)といい、由来は花の名前から。洋服をネットで注文したりするなど溺愛振りがわかり得る。その愛犬家ぶりをラジオなどで語り、リスナーから「犬の話はやめてください」との便りが届いたこともあるほど。

自他共に認める特撮ファンであり、特に「人造人間キカイダー」をこよなく愛している。特撮好きが高じて、「超人タイツ」という自身の番組内でオリジナルの特撮DVD・CDを制作するまでに至っている。初の特撮番組出演作「仮面ライダー電王」では、リュウタロス/仮面ライダー電王ガンフォームの声役に抜擢され、「仮面ライダーになりたいという夢が叶った」と喜んでいた。TVシリーズ、劇場版ともに敵怪人の声を兼任し、さらに主題歌も歌うなどの快挙を成し遂げた。以後放送された仮面ライダーの劇場版等にも顔出しや声の出演で関わっている。

気になったことはとことん調べようとする性格の為に意外と知識は多いが、語っても内容がややこしい為にあまり理解されず、 大概「へー、すごいですねぇ!」と無難に返されて終了する残念なところもある。

主に少年から青年役を演じることが多く、また、妙にシスコン・ブラコンの役が多い。ちなみに鈴村には姉弟がおり、弟には自身のイベントで裏方をやらせていたりもする。実は、弟は実写版「魁!!クロマティ高校」のメカ沢の中の人(物理的な意味で)。

エピソード

調理師を目指し専門学校に行くと父親を説得した翌日、友人の誘いに乗り養成所のオーディションを受験し、自分ひとり合格してしまった結果、声優となった今に至る。

「マクロス7」への出演前、ラジオ関西のラジオ番組「青春ラジメニア」に、自分が声優としてデビューするという内容の葉書を投稿し、番組で読まれたことがある。しかし、当時鈴村本人は上京しており番組を聴けなかったため、投稿した葉書が読まれていたことは、ファンに教えられるまで知らなかった。

2003年に男性声優ユニット「謎の新ユニットSTA☆MEN」を結成。結成のきっかけになったのは、飲み会で酔っ払った鈴村の「ユニットやろうよ」という一言。この飲み会に同席していた諏訪部順一がそのことを冗談半分で自らのサイトに掲載したところ、大反響を呼んで本当に活動をすることとなった。同年12月にラジオ大阪のラジオ番組の企画で「ちゃりんこアーバンライナー」なるものを行った。「ちゃりんこアーバンライナー」とは名古屋市の東海ラジオ放送本社を出発し、三重県から京都府・奈良県を経由し、大阪市京橋のIMPホールまでのおよそ200kmを自転車で走りぬくという企画。これを鈴村は食事などの休憩や睡眠時間も含め約25時間半かけて完走し、ゴールの瞬間はラジオで生放送された。しかし後日、残念ながらこのイベントに使用した自転車が盗難に合い行方不明である事がラジオ番組内で本人の口から語られた。

不幸にも「デジモンフロンティア」の収録中、「スピリットエボリューション!」というセリフを叫んだ時に背中に肉離れを起こした。収録後、屈んだところ動けなくなり車椅子を用意され、収録所近くの病院に搬送された。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」でシン・アスカを演じたことにより、一部の「SEED」ファン層から「シン嫌いです」という手紙を送られた経験がある。その後、鈴村は小説版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY』」第4巻のあとがきにおいて手紙の件について丁寧にコメントしていて、「シンを嫌いだというお手紙を多数もらったが、もちろんシンというキャラクターには自己中心的な部分もある。そういった点を含め自分が演じたシンのキャラを評価し嫌いといわれるなら、演じた自分の役者冥利に尽きることだ」とする一方で、「しかし、キャラクターを一人の人物として評価せず、『キラと敵対しているから』『アスランの言う事を聞かないから』『(勧善懲悪的な面で見て)悪側だから』等といった理由でキャラクターをただ記号的に捉え嫌いとするのはいかがなものだろうか」と、一部の作品ファンによるあまりにも理不尽なバッシングに苦言を呈しており、ただ与えられた台本通りに役を演じただけの鈴村には何の落ち度もないため、同情的な声が多い。

シン・アスカ役は前作のオーディションでトール役を落ちた縁による、同作監督の福田己津央本人による指名だった。シンは主人公としては物語を強く牽引するというキャラクターとは言えず、前半では登場しても一言しか台詞が無いという回もあったが、鈴村自身は「シンは最後まで信義を貫き通した良いキャラであった」とコメントしている。また、「予定調和的にラストでシンが『僕は間違ってた!』とか言い出してアスランと和解するとイヤだ」、「彼は彼だけの道を行って欲しい」と発言していたが、最終回後に放送された後日談「選ばれた未来」では結局シンとキラは和解するという結末となった。鈴村は「選ばれた未来」オンエア後に『(有)チェリーベル』で「ガンダムに出て良かったこと」を聞かれており、「他のことならすぐに出てくるが、この事についてだけはすぐに出てこない」と発言しつつ、「(アスラン・ザラ役の)石田彰さんと仲良くなれた」など作品とはあまり関係のない回答をし、お情けでOKを出してもらった。石田と仲良くなれたことについて同ラジオに共演している櫻井孝宏や松来未祐に「すごいことだ」と賞賛された。

スーパーロボット大戦シリーズについては、初代を発売日に購入したほどのファンである。「スパロボに参加する事を声優として一つの目標としていた」と語るほどのファン。後に「スーパーロボット大戦Z」に出演したことについて「シン・アスカというキャラクターをようやく理解することができたし、この収録には本当に感謝しているんです」と語っている。

「D.Gray-man」でラビを演じるにあたり、語尾に「〜さ」とつける独特の口調に試行錯誤し、仕事中の原作者の星野桂に電話で何度も確認をとった出来事もあった。

忘れてはいけないのが、2013年7月7日放送分の「獣電戦隊キョウリュウジャー」第20話のエンディングダンスに、神谷浩史と投稿して採用されている。その際、「けんいちくんとひろしくん(38)さん」と記載された。これは自身がやっている「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」でリスナーからミッションとして送られてきたお題を実行した物だが、メールが読まれた時点で既に応募済みだった。さすがの特撮好き。

仕事の合間や休みにかつての自宅の様子を見に行っていたが、岡山在住時代の自宅はラジオ番組のDVD企画(突発)で訪れている。結構な情報があるので下手すると特定できるのではないかというレベルまで公表してしまっている。良い子のみんなは鈴村さんの元おうちを特定しないであげてね。

第二回声優アワードではベストパーソナリティ賞、シナジー賞(仮面ライダー電王)を受賞。リュウタロス役のオファーが来た際にプロモーションの甲斐があったと思っていたが、実際は初期段階で候補に上がっていたが、スケジュール調整等の関係で本人には知らされていなかった。「落ちたらショックだろうから言わずにおいた」とは遊佐浩二の言葉である。特撮好きの彼に対する盛大な配慮だろうか。

2008年には写真集『晴レとけ』を発売し、またランティスより「INTENTION」でメジャーデビューを果たす。個人名義の音楽活動については自身が作詞することを絶対条件とするこだわりを見せた。「INTENNTION」では、科学、哲学ネタが盛り込まれていたりするので、その辺りを調べてみても面白いかもしれない。また、妄想ヒーローのテーマソングを自らの作詞で作り上げたCDも既に2枚(正確には3枚)作ってる。 2009年岩田光央とともに「CONNECT」としても活動を開始した。しかし、本人は自身の活動について「あくまで本業は声優であり、声優としての仕事の充実の為にやれることはやっていきたい」と述べている。

ミニエピソードとしては「酔った勢いで松来未祐の頭に噛みつく(当人記憶なし)」他、「酔った勢いで森田成一と牛(?)オブジェでロデオごっこ」、「酔った勢いの発言で謎の新ユニットSTA☆MEN結成」、「酔った勢いでエロ本を買い、それを他の人に配る」、「酔って櫻井孝宏の眼鏡を踏む」など酔ったときのエピソードが満載である。このWikiをご覧の声優さんは鈴村さんにお酒を飲ませると(ry

1998年

  • 時空転抄ナスカ(三浦恭資)

1999年

  • KAIKANフレーズ(桐生敦郎)

2000年

  • BOYS BE…(神崎恭一)

2001年

  • X -エックス-(司狼神威、研究員2)
  • キャプテン翼(若林源三)
  • 超GALS!寿蘭(麻生裕也)
  • 電脳冒険記ウェブダイバー(フェニクオン、ペガシオン、研究員A、ススム〈職員A〉)
  • バビル2世(神谷浩一)
  • ヒカルの碁(伊角慎一郎、海王中三将)

2002年

  • 十二国記(楽俊)
  • スパイラル -推理の絆-(鳴海歩)
  • 超重神グラヴィオン(紅エイジ)
  • デジモンフロンティア(木村輝一 / ダスクモン / ベルグモン / レーベモン / カイザーレオモン)
  • ドラゴンドライブ(氷室ヒカル)
  • <円盤皇女ワるきゅーレ(時野和人)/li>

2003年

  • GAD GUARD(真田ハジキ)
  • 真月譚 月姫(遠野志貴)
  • セイント・ビースト〜聖獣降臨編〜(風牙のマヤ)
  • ななか6/17(凪原稔二)
  • まっすぐにいこう。(伊集院たけし)
  • 円盤皇女ワるきゅーレ 十二月の夜想曲(時野和人)

2004年

  • ごくせん(沢田慎)
  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY(シン・アスカ
  • 超重神グラヴィオンZwei(紅エイジ)
  • まっすぐにいこう。(第2期)(伊集院たけし)

2005年

  • いちご100%(真中淳平)
  • ノエイン もうひとりの君へ(アトリ)
  • ピーチガール(岡安浬)

2006年

  • 桜蘭高校ホスト部(常陸院光)
  • 学園ヘヴン BOY’S LOVE HYPER!(滝俊介)
  • 銀色のオリンシス(執政官アル)
  • 銀魂(沖田総悟、ヌメ龍/父ちゃん)
  • 少年陰陽師(朱雀)
  • D.Gray-man(ラビ)
  • TOKKO 特公(申道蘭丸)
  • 半分の月がのぼる空(戎崎裕一)

2007年

  • 獣神演武 -HERO TALES-(岱燈獅麗)
  • セイント・ビースト〜光陰叙事詩天使譚〜(風牙のマヤ)
  • ZOMBIE-LOAN(赤月知佳)

2008年

  • BUS GAMER(美柴鴇)

2009年

  • うみねこのなく頃に(右代宮譲治)
  • 獣の奏者 エリン(イアル)
  • フレッシュプリキュア!(サウラー〈南瞬〉)

2010年

  • バトルスピリッツ ブレイヴ(暗闇のザジ〈イザーズ〉)

2011年

  • うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%(聖川真斗)
  • 銀魂’(沖田総悟)
  • 真剣で私に恋しなさい!!(師岡卓也)

2012年

  • アクエリオンEVOL(カイエン・スズシロ)
  • 黒子のバスケ(紫原敦)
  • CØDE:BREAKER(刻)
  • 男子高校生の日常(ヨシタケ、永瀬)

2013年

  • うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%(聖川真斗)
  • 宇宙戦艦ヤマト2199(島大介)
  • 京騒戯画(明恵)
  • 戦勇。(フォイフォイ)
  • 戦勇。 第2期(フォイフォイ)
  • 幕末義人伝 浪漫(鈴木孫一)
  • BROTHERS CONFLICT(朝日奈椿)

2014年

  • 黒子のバスケ(紫原敦)
  • 旦那が何を言っているかわからない件(ハジメ)
  • FAIRY TAIL 新シリーズ(ローグ・チェーニ)
  • Free!-Eternal Summer-(御子柴百太郎)
  • 魔法戦争(伊田一三)

関連ニュース

  • 【事前登録】鈴村健一や西明日香ら声優陣が戦隊ヒーローに!? パズルで悪をこらしめろ!

    ディー・エヌ・エーは、iPhone、Android向けに今秋配信予定の新作アプリ「パズル戦隊デナレンジャー」の事前登録を開始。「パズル戦隊デナレンジャー」では「レッド」を鈴村健一が務める。

  • 鈴村健一ら豪華声優陣が出演の音楽朗読劇「Valkyrie」の予告編

    11月1日(土)、2日(日)に舞浜アンフィシアターで上演されるSUPER SOUND THEATRE「Valkyrie ~Story from RHINE GOLD~」の予告編ムービーが公開中。

鈴村健一のまとめ記事一覧を見る

Amazonランキング