クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

原作サンライズ
監督芦野芳晴
シリーズ構成樋口達人
キャラクターデザイン松尾祐輔(コンセプト)
小野早香、鈴木竜也(サブ)
メカニックデザイン阿久津潤一(パラメイルデザイン)
宮本崇、寺岡賢司
音楽志方あきこ
アニメーション制作サンライズ
制作サンライズ、PROJECT ANGE
放送期間2014年10月 -
話数全25話予定

概要

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」はサンライズ原作のオリジナルアニメ。

あらすじ

人類は「マナ」と呼ばれる画期的な情報技術の発達の恩恵を受け、戦争や環境などの人類を悩ます問題が解決され、世界に安寧な日々が訪れた。その一方でマナを扱えない人々は「ノーマ」と呼ばれ、マナによって成立する社会に反する存在として、マナを扱える “普通” の人間から虐げられ、差別されていた。

大国「ミスルギ皇国」の第一皇女で、民衆から絶大な支持を受け何も不自由のない人生を約束されていたアンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギもまた、ノーマ根絶を理想とする歪んだ思想に染まっていた人間の一人であった。16歳を迎えて洗礼の儀が執り行われた際、兄・ジュリオによって自身がそれまで人間と認めようとしなかったノーマである事実を暴露される。まったく知らなかった事実を受け入れられず、困惑するアンジュリーゼに対し、国民たちは掌を返す形で彼女を憎むべき敵として扱うようになった。その混乱の最中でアンジュリーゼを兵士の銃弾から庇った母・ソフィアは命を落とし、父・ジュライは皇帝の座を簒奪される。

アンジュリーゼは辺境の軍事基地「アルゼナル」へと追放され、身分だけではなく名前すらも奪われ、ただの「アンジュ」という人型機動兵器「パラメイル」に乗る「メイルライダー」として人類の敵「ドラゴン」と戦うこととなる。アンジュリーゼは未だに自分がノーマである事実を受け入れることのできない葛藤により、周囲との軋轢を繰り返し、戦闘中にミスルギ皇国へ戻ろうと勝手に戦線離脱したところ、ドラゴンの攻撃により同期のココやミランダ、総隊長であるゾーラまで戦死に至らしめる。完全に度が過ぎた暴走に、他のライダーから激しく咎められるが、それでもアンジュは自身がノーマである現実を認めなかった。

戦没者たちの埋葬が行われる中、総司令官であるジルから、ドラゴンと戦ったノーマたちの犠牲によってマナを用いる者たちの社会が守られていた事実や、ミスルギ皇国が革命によって滅んだことを聞かされて絶望したアンジュは「死にたい」と言い出すが、ジルは「死ぬなら戦って死ね」と告げ、旧式の欠陥パラメイル「ヴィルキス」をアンジュに与える。

新たにサリアを隊長、ヒルダを副隊長に出撃する第一中隊であったが、想定外の事態に対処できないサリアの指揮ではまともに行動がとれず、次第にドラゴンに圧されていく。そんな中でアンジュは、ドラゴンへの恐怖心からそれまでとは逆に「死にたくない」という思いに駆られ、その叫びに反応する形でヴィルキスは変形。内に秘めた闘争心の赴くままに、アンジュはドラゴンを撃破する。

しかし、あくまで自分のためだけに戦い他人を拒絶することを選んだ結果、アンジュは戦闘中に彼女を嫌うヒルダの策略により海に墜落する。ヴィルキス共々孤島に流れ着いた彼女を助けたのは、青年・タスクであった。救助が来るまでやむを得ず彼と共に生活することになったアンジュの心はいつしか氷解していき、救助にやってきた仲間たちとも対等に接するようになる。

そんな中、自分を追ってきたかつての侍女・モモカ・荻野目を介してシルヴィアの危機を知ったアンジュは、母親との再会を望むヒルダと結託しアルゼナルを脱走する。

世界観について

マナ
作品のベースとなる「マナ」とは人類が進化の過程に得たとされる魔法のような技術。マナを扱えることが「普通の人間」の必須条件であり、念動力のように物質を浮遊・移動させたり光や熱を発生させることができたりする。マナの恩恵で人類の諸問題は解決し、人類にとって安寧の日が訪れた。

ノーマ
マナを扱えない者は「ノーマ」と呼ばれ、大多数のノーマは幼少期から社会から隔離される。ノーマは女性しか発生せず、マナを扱える人間からすれば、マナ社会の崩壊を招く危険な存在として畏怖・嫌悪されている。ノーマと判明した者はノーマ管理法に基づき認定番号(アンジュの場合は「1203-77号ノーマ」)が与えられて拘束され、対ドラゴン用兵器としてアルゼナルへ送られて名前を取り上げられる。

ドラゴン
アルゼナルのノーマたちが戦う人類の敵。「Dimensional Rift Attuned Gargantuan Organic Neototypes」(次元を越えて侵攻してくる巨大攻性生物)の各単語の頭文字をとって名付けており、空間に門(ゲート)を開いて現れる。外見は一般的なファンタジー作品に登場するドラゴン(飛竜)に酷似し、血液(らしきもの)は赤い。個体差が大きいため、体格によって「ブリッグ級」や「ガレオン級」、「スクーナー級」などに分類されている。凍結されたものは人類に回収される。肉食性で、メイルライダーも捕食対象としている。

ドラゴン自身、知能も相応にあり、フライトモード時のパラメイルに体当たりすることでライダーを機外に放り出したり、戦況に応じた攻撃方法を用いたりする。ガレオン級などの大型種になると、魔法陣の発動で防御壁の展開や固有の特殊攻撃を行ううえ、頭部を損傷しても活動するほどの生命力を持つ。

国家や施設などについて

ミスルギ皇国
ミスルギ皇家によって代々統治されてきた長い歴史と様々な伝説を持ち、万世一系の皇族によって統治される巨大国家。現皇帝はジュライ・飛鳥・ミスルギ。公用語は英語。皇族を含む一部の人間の名前には漢字(日本語)が混じっている。皇帝による厳格ながら公正な統治の元、国民は平和で豊かな暮らしを享受し、学問やスポーツ、芸術活動などが非常に盛ん。皇族は高い知性と美貌を兼ね備えており、皇女アンジュリーゼをはじめとするロイヤルファミリーの人気は非常に高い。16歳を迎えた第一皇女アンジュリーゼの洗礼の儀の際にジュライが拘束・退位させられ、皇太子であったジュリオが新皇帝に即位し、国の実権を握る。のちにアルゼナルとは音信不通となるが、その理由を総司令官のジルは「アンジュがノーマであると知った民衆が暴動を起こしてクーデターが勃発し、皇国は滅亡した」と推測した。

ローゼンブルム国
ミスルギ皇国と親交の深い国で、ミスルギと同様に学問やスポーツ、芸術活動などが盛ん。両国ともスポーツ交流もする。また、アルゼナルはローゼンブルム王家管轄でもある。

アルゼナル
「兵器工廠」という意味を持つローゼンブルム王家管轄の対ドラゴン用軍事基地。ノーマの収容先でもある。次元を越えて侵攻するドラゴンと戦う為の対ドラゴン戦闘機関で、発見されたノーマが送り込まれる収容施設として兼用されている。この施設に連行されたノーマの少女達はドラゴンと戦う為の「兵器」として訓練され、ドラゴンと戦い、一度も外の世界に戻ること無く死んでゆくことが使命とされる。男性のノーマは存在しないため、基地の人員は必然的に女性のみで構成されている。

兵士には「キャッシュ」という通貨による給与が定期支給され、生活費や任務に必要な物品の購入に充てることができる。任務達成率によって給与が上がる(逆に一度欠勤すると多額の罰金が課せられるなどペナルティも厳しい)ほか、素行不良の黙認など徐々に特権も伴うようになり、ゾーラのように新兵へセクハラを繰り返しても咎められなくなる。ただし、同性愛についてはおおむね基地全体で寛容な雰囲気があり、劇中でメイルライダーたちが全裸で同衾している描写が散見されるほか、ノーマ同士で濃厚な性行為にふけっても誰にも咎められることはない(アニメ5話より)。

ただ、アルゼナルの存在は最高機密で、機密漏洩の恐れが有る者はたとえマナを使用できる者でも殺されるかアルゼナルから出られなくなるかのどちらかしかない。

ジャスミン・モール
基地内にある巨大酒保(公式サイトでは「巨大市場」と呼称)。経営に関する全要素を店主のジャスミンが単独で執り行っており、日本でもお馴染みのアメリカの会員制小売スーパー・コストコのような倉庫型箱売り形式を基本としているが、小さなアクセサリーやシールなどはバラ売りもしている。セールスポイントは「ブラジャーから列車砲までなんでもそろう」であり、日用品、食品、パラメイル用のカスタムパーツなどまで、取り扱う品目は多岐にわたる。ただし価格は全般的に高めで、欲しくても手が出ないノーマたちがため息をつくことも多い。

技術や兵器について

パルメイル
対ドラゴン組織「アルゼナル」が所有している7mクラスの人型機動兵器。元々人類がはるか過去に開発したノーマにしか扱えない機体で、現在は「普通の人が見向きもしない兵器」でもある。全種類が戦闘機形態「フライトモード」と、人型形態「デストロイヤーモード」の2形態への可変機構を持っており、変形して飛行形態になることで高速移動することが可能。

コクピットはバイクのように跨る形式をとっており、風防となるカウルもないため、フライトモード時は外気や風圧にさらされるが、デストロイヤーモード時は周囲の装甲に包まれる形で格納される。搭乗するライダーとはパイロットスーツ腰部のケーブルで有線接続しており、ライダーが装備する銃火器や剣と同期した動作を取ることが可能になっている。パイロットを操縦席に固定するための装備はなく、フライトモードではドラゴンの体当たりでメイルライダーが機外に放り出されたり、デストロイヤーモードで衝撃を受けた際にコクピット内壁に叩き付けられ負傷したりしている。コクピットブロックには気密性がなく、パラメイルが着水するだけでコクピット内に浸水している。しかしベトロニクスは浸水時も正常に機能している(アニメ4話より)。また、オープニングでは、宇宙空間での戦闘行動が可能であることを示唆する描写がある。

通常機は通称「ノーメイク」と呼ばれ、搭乗者の戦闘スタイルに合わせて改造されたカスタム機の他、砲撃戦仕様や指揮官用に造られた機体や通常の搭乗者では扱えない専用機も存在する。

なお、パラメイルの燃料や弾薬の補充、並びに武装や装甲の追加等のカスタマイズは、メイルライダーがアルゼナル内の巨大市場・ジャスミンモールにて、自分の給料で購入して行う模様で、ヴィヴィアンのようにハイスコアを上げて実入りが多い者は、高価な武装を購入して戦闘を有利にさせており、一方でクリスのように実入りが低い者は、装備が追加購入できずに基本装備のままでの戦闘を余儀なくされている。パイロットの裁量で武装、装甲、デコレーションなど、広範囲なカスタムが許されているが、実は「パラメイルはノーマの棺桶。死に場所だからこそ自分好みに改装することが許される」という考え方によるものである。また、メイルライダーの脱走を防ぐ為、出撃の際は必要最低限の燃料しか積み込まれない事がアニメ3話で明らかにされている。

その他の用語

エアリア
作品世界で行われている球技。ラクロスに似ているところが多い。チーム人数は不明だが、二人一組でタンデム式のエアバイクに乗り、一人は操縦、一人はラクロスに似たスティックを振るってボールを奪い合い、ボールを相手チームゴールであるサークル内に入れるとポイントとなり、最終的に得点が多い方が勝利となる。グラウンド上空でエアバイクをぶつけ合ったり、スティックで相手選手に攻撃しても危険行為と認定されないなど、かなり荒々しいスポーツで、ラクロスとハリー・ポッターシリーズに登場するクィディッチを合わせたような印象を持ち、エアリアはかなり荒々しいスポーツである。エアバイク搭乗者への安全策は講じられておらず、高度に関する規定も作中では描写されていない。そのため、トラブルやアクシデントで高い位置から落機した場合、死の危険がある。バイク等に見られる「操縦桿」というものがなく、マナを通じてエアバイクとリンクすることによって操縦する。

リベルタス
ジル司令官を中心にサリア、ジャスミン、マギー、メイのメンバーが企画する計画。計画の内容は不明だが、ジャスミンによれば多数の死者が出ることが予想される模様で、その為にマナ国家から派遣されているエマ監察官にも秘密にしている。この計画にはヴィルキスが非常に重要な役割を果たすらしく、今までヴィルキスを起動できるメイルライダーが居なかった為に決行出来なかった。しかしながら、当機を起動できるアンジュが現れた事で、ジル達は計画を実行に移す事を決意。計画参加者のサリアは、自分がヴィルキスを操縦したいらしく、不満に思っている。

登場キャラクター

  • アンジュ / アンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギ(CV.水樹奈々)

    ミスルギ皇国の第一皇女「アンジュリーゼ」として国民から愛されていたが、ノーマだと発覚。
    身分と名前はく奪され、ドラゴンと戦う一兵士「アンジュ」へと転落する。
    皇女として育てられたためプライドが高く、頑固者。基地内ではことあるごとに周りと軋轢を生じることが多い。

  • サリア(CV.喜多村英梨)

    パラメイル第一中隊の副長。
    勤勉で真面目な性格で優秀な兵士だが、教科書通りの理論的な行動しか取れないことも。とっさの状況に対応できず戸惑うこともしばしばある。
    男女間の恋愛に強い興味があり密かにそれに関する書物を愛読している。。

  • ヒルダ(CV.田村ゆかり)

    パラメイル第一中隊の突撃兵。ゾーラ隊長の気に入れられ、隊の中でも一、二を争う実力の持ち主。
    皮肉屋で野心家、デキる新入りのアンジュが気に食わず、敵対する。

  • ヴィヴィアン(CV.桑島法子)

    パラメイル第一中隊の突撃兵。
    戦闘時には驚異的な戦闘テクニックを見せる隊のエースだが、本性は朗らかで明るい少女。
    相手に所構わず無神経で不謹慎な発言をする一面がある。
    くだらないクイズを出しては、相手を勝手に友達認定する。

  • ロザリー(CV.石原夏織)

    パラメイル第一中隊の軽砲兵。
    大した実力は無いが、力ある者に付き従う “虎の威を借る狐” スタイルで今までなんとか生き残ってきた。
    一人で撃墜スコアを伸ばすアンジュが気にいらない。

  • エルシャ(CV.小清水亜美)

    パラメイル第一中隊の重砲兵。
    戦闘よりも料理が得意で、多くの子供達からも慕われている存在。第一中隊にとってはおふくろさんの様な人。
    怒らせると誰よりも怖い一面も持ち合わせている。

  • クリス(CV.小倉唯)

    パラメイル第一中隊の重砲兵。
    どこか陰気で人見知りで引っ込み思案なネガティブ系少女。
    常にヒルダやロザリーの後ろに隠れ、ひっそりと生きている。

  • モモカ・荻野目(CV.上坂すみれ)

    皇女アンジュリーゼの筆頭侍女。
    アンジュリーゼのお世話をすることをこの上ない喜びとする優秀なメイド。
    健気で働き者で、時に尋常ではない行動力を見せる。

  • ジル(CV.本田貴子)

    アルゼナルの総司令官を務めている。機械の義手を持ち、厳しく冷酷な元兵士。
    多くのノーマ達から恐れられているが、アンジュには特に辛く当たる。

  • エマ・ブロンソン(CV.ゆかな)

    ノーマの動向を監視するために送り込まれた人間側の監察官。
    ノーマを見下し、厳しい規律によって彼女達を管理しようとする。

  • メイ(CV.渕上舞)

    パラメイル第一中隊の整備班長。
    容姿は幼いながらも、最高の知識と腕を持つメカニック。

  • マギー(CV.豊口めぐみ)

    アルゼナルの軍医。
    口は悪いが腕は良く、多くのノーマが命を救ってきた。血を見ると興奮する癖がある。
    ジルの長年の親友。

  • ジャスミン(CV.玉川砂記子)

    コストコのようなアルゼナル内の巨大市場「ジャスミン・モール」を営業するおばさん。
    独自のルートで入手した様々な品を売っている。
    かなりのぼったくりだが、アフターケアはしっかりとしている。

  • ゾーラ・アクスバリ(CV.根谷美智子)

    アルゼナル第一中隊隊長。何度も死地をくぐり抜けてきた経験豊富なベテランライダー。
    メンバーからも慕われているが、同性愛者であり快楽主義者で手癖が悪いのが玉にキズ。

  • ジュリオ・飛鳥・ミスルギ(CV.梶裕貴)

    アンジュの兄で、ミスルギ皇国の皇太子。
    選民意識で固められ、ノーマを毛嫌いしている。

  • シルヴィア・斑鳩・ミスルギ(CV.東山奈央)

    ミスルギ皇国第二皇女で、アンジュの妹。
    気高くて美しい姉を慕っている。

  • リィザ・ランドック(CV.ゆかな)

    ミスルギ皇国近衛長官。ジュリオの腹心で、彼に対しても何らかの企みを秘めているかのような様子を見せる。

  • ミスティ・ローゼンブルム(CV.伊瀬茉莉也)

    アルゼナルを管轄するローゼンブルム王家の王女。
    アンジュとは学生時代からの知り合いで、世間知らずのお嬢様。

  • ソフィア・斑鳩・ミスルギ(CV.林原めぐみ)

    ミスルギ皇国の皇后でアンジュの母。
    たおやかだが芯の強い女性で、アンジュに皇家の守り唄 “永遠語り” を伝える。

  • ジュライ・飛鳥・ミスルギ(CV.山寺宏一)

    ミスルギ皇国の皇帝。アンジュリーゼの父。

  • タスク(CV.宮野真守)

    アンジュが深い森で出会った青年。ヴィルキスの故障で遭難したアンジュを救助した。
    ヴィルキスと因縁があるらしい。

  • ココ・リーヴ(CV.辻あゆみ)

    ミランダと同時期に配属された新兵。
    絵本とプリンが大好きな、夢見がちな女の子。
    強くて賢く美しい、おとぎ話の主人公のようなアンジュに憧れを抱く。

  • ミランダ(CV.茅原実里)

    アンジュの同期の一人。面倒見のいい性格を持つ。
    ココの友人で、彼女と同じようにアンジュと親しくなろうとする。
    初出撃でのココの戦死した後、なおも逃亡を図ろうとするアンジュを止めると同時に浅はかな夢を抱いた結果、死んだココに涙する。

  • パメラ(CV.初谷順子)

    アルゼナル司令部の主任オペレーターで統括管制を担当。
    状況判断力に優れ、ジルからの信頼も厚い。

  • ヒカル(CV.森なな子)

    アルゼナル司令部のオペレーター。パラメイルの発着管制を担当。
    先輩のパメラとは公私ともに仲良し。

  • オリビエ(CV.東山奈央)

    アルゼナル司令部の新米オペレーター。メイルライダーのモニタリングを担当。
    先輩二人に追いつこうと日々奮闘中。

関連ニュース

  • 【アニメ】「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」第8話「ビキニ・エスケイプ」(ネタばれ注意)

    第8話の訓練、アンジュは妹・シルヴィアの事を考えて上の空。そしてヒルダも注意力散漫な様子。

  • 「クロスアンジュ」のラジオ配信が決定、第1回に石原夏織、渕上舞

    10月からスタートしたTVアニメ「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)」のウェブラジオが、11月28日より隔月最終金曜日に配信されることが決定。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞のまとめ記事一覧を見る

Amazonランキング