俺、ツインテールになります。

原作水沢夢
監督神戸洋行
シリーズ構成荒川稔久
キャラクターデザイン森田和明
音楽高梨康治
アニメーション制作プロダクションアイムズ
制作製作委員会はツインテールになります。
TBS
放送期間2014年10月 -
話数(未定)

概要

『俺、ツインテールになります。』は水沢夢原作の同名の小説を原作としたアニメ。

あらすじ

少女向けの髪型「ツインテール」をこよなく愛する少年・観束総二は、幼馴染の津辺愛香と共に高校の入学式の日を迎えていた。その帰り道、彼は異世界からやって来た美少女・トゥアールから奇妙なブレスレットを押し付けられる。ツインテールの危機と聞かされ、訳も分からずブレスレットを受け取った総二。その直後、各種のフェティシズムから生まれる精神エネルギー属性力(エレメーラ)を糧とする異世界の(残念な)怪物・エレメリアンが来襲。最高の属性力とされるツインテールを無差別に収集し始めた。襲われた者はツインテールを失い、倒れてしまう。

そして、美しいツインテールを持つ生徒会長・神堂慧理那も襲われそうになった時、総二はブレスレットの力で空想装甲(テイルギア)を装着。ツインテールの幼女戦士「テイルレッド」となってエレメリアンを撃退する。一方で事態を重く見たエレメリアンの侵略軍団・アルティメギルは地球侵攻を本格化、更なる属性力と残念さを持った刺客を次々に送り込んできた。愛香が変身する(過剰防衛気味の)戦士「テイルブルー」、慧理那が変身する(露出狂かつマゾの気を持った)戦士「テイルイエロー」を仲間に加えた総二は、日に日にアイドル視されていくテイルレッドと敵味方双方の残念さに頭を抱えつつ、愛するツインテールを守るため敵に立ち向かうこととなる。

用語など

属性力(エレメーラ)
人の思考や嗜好、職業、身体的特徴、得意分野(いわゆる「属性」)といったありとあらゆるものに介在する、精神エネルギー。わかりやすく言えば、「萌え」や「フェチ」を強化したエネルギーといったところ。例えば、ツインテール属性の属性力は、「その人がツインテールであるという事実」や「ツインテールへの愛着や執着」が精神エネルギーとして凝縮したものである。ゆえに、属性力を失うと、二度とその属性に身を置くことができなくなる。それは将来にわたるのみならず、過去も改変しうる。なぜかツインテール属性とポニーテール属性は、属性力の中でも最大級に力のある存在とされている。ツインテール属性最強の理由は謎。

エレメリアン
属性力が自我と肉体を持った存在。つまり、普通の人間ということとなる。それゆえ、他の属性力を吸収することにより、その生命を維持することができる。属性力を一度に大規模に収奪する手段と知恵を備え、組織化したものがアルティメギルと呼ばれるものとなる。

属性玉(エレメーラオーブ)
属性力が結晶化したもの。アルティメギルの怪人のドロップアイテム。アルティメギルの怪人が有する属性力の結晶であるため、ものにより純度がまちまち。テイルギアには、属性玉を取り込んでその固有の属性力を具現化する機能がある。ただし、属性力の名前がそのまま属性玉の機能になるとは限らず、巨乳属性の属性玉が愛香に使えないなど、デフォルトで使用制限がかかるものもある。なお、重ね合わせたら何が起こるかわからないため、ツインテール属性の属性玉はトゥアールにより使用禁止にされた。結局、ツインテール属性、もったいないのでイエローのギアの原料になった。

仮想装甲(テイルギア)
属性力を核として制作した武装。装着できる者は、核となる属性を持つ者に限られる。また、装着者が有する、核となる属性に対する属性力が強ければ強いほど、そのパワーが強くなる。本編におけるテイルギアはツインテール属性を核としているため、男なのに最強のツインテール属性を有する総二がテイルギアの装着者となった。

なお、総二のテイルギアは、トゥアールの持っていたツインテール属性を核として組み込んでいるため、トゥアールはツインテール属性を持っていない。愛香のテイルギアはアルティメギルが流出させたものをトゥアールが使っていたものである。慧理那のテイルギアはドラグギルディの属性玉をもとにトゥアールが作成したもので、愛香には装備できなかったが慧理那はなぜか成長した。なお、たまに勘違いするが、「テイルギア」はあくまで変身後の装甲であり、変身アイテムは「テイルブレス」。

属性玉変換機構(エレメリーション)
テイルギアに属性玉を取り込み、その固有の能力を具現化するための機構。一度獲得した属性玉は、テイルギア装備者間で共有することができるが、一度に使える属性玉は1個のみ。後に改造されて「属性玉多重変換機構(エレメアディッション)」として複数の属性玉が使えるようになるが、テイルギアに多大な負荷がかかるため、1日1回しか使えない。

認識攪乱装置(イマジンチャフ)
対象を周囲から認識されにくくなり存在そのものを虚ろにする。1話でトゥアールがいつの間にかカフェに居たのもこの装置使用していたため。テイルブレスにもこの機能が働いており、他人からは見えない。一方、テイルギアに搭載されているものは意識改竄特化型であり、装着者と別の人間をイコールで結べなくなる。ただし元から正体を知る者には効果がない。つまり一度正体を知られてしまうと改竄することは出来なくなってしまう。元から正体を知っている者に対しても効果がない。

登場キャラクター

  • 観束総ニ / テイルレッド(CV.島崎信長 / 上坂すみれ)

    本作の主人公の一人。ツインテールを愛して止まない男子高校生。世界最強のツインテール属性を持っている。
    ツインテール好きを除けば作中、数少ないツッコミ属性の持ち主で作中一番の常識人。
    ちなみに変身すると幼女になるのはトゥアールの趣味。

  • 津辺愛香 / テイルブルー(CV.相坂優歌)

    総二の幼馴染で、同じく私立陽月学園高等部一年生。
    特徴はその美しいツインテールの髪型と強気な性格。幼い頃から武術を習っており、その実力はかなりのもの。とあるきっかけでテイルブルーに変身し、総二と同じく異世界の怪人たちと戦うことになる。
    極度の貧乳であり、自分でもそれを気にしている。

  • 神堂慧理那 / テイルイエロー(CV.赤﨑千夏)

    私立陽月学園高等部二年生。総二も絶賛するほどの見事なツインテールの持ち主。
    幼い見た目をするが、陽月学園高等部の生徒会長であり、その言葉使いは丁寧で物腰は穏やか。
    テイルイエローに変身すると打って変わって大人の体に、さらには露出狂じみた衣装と性格に変貌する。

  • トゥアール(CV.内田真礼)

    元いた世界がアルティメギルの侵略に会い、世界の仇を討つために総二にテイルギアを託す。
    日ごろから特製の白衣を身につけている。
    非常にテンションが高くなおかつ悪ノリしやすい性格で 愛香との相性は悪い。少女好きであり痴女。

  • 桜川尊(CV.M・A・O)

    慧理那の専属メイド兼護衛。学校内も含む至るところで慧理那に付き従っている。
    護衛として学校でじっとしていることに慧理那が気を使っていたため非常勤の体育教師として陽月学園に赴任する。
    言葉少なに必要なことをこなす、出来た雰囲気を漂わせる人。

  • 観束未春(CV.五十嵐裕美)

    総二の母親。物持ちがよいのか、夫に先立たれてからは趣味で喫茶店を経営している。
    フランクな性格かつ妙に洞察力があり、総二曰く「ノリで生きてる子供っぽい人」。
    中二病的な独り言を子供のころから呟き続けているという重度の中二病患者。

  • ドラグギルディ(CV.稲田徹)

    アルティメギルの幹部怪人。アニメでは1話から4話に登場。
    主人公達の世界を攻めにきた侵略部隊の隊長。属性はツインテール属性。
    他のエレメリアンとは異なる圧倒的強さを兼ね備えた強敵で、先代テイルブルーを倒しトゥアールの世界を滅ぼした張本人。

  • リヴァイアギルディ(CV.大川透)

    アルティメギルの幹部怪人。アニメには5~6話に登場。
    ドラグギルディが倒されたことでこの世界に派遣された幹部の一人。
    属性は巨乳属性。そのためクラーケギルティとは仲が悪いライバル関係。

  • クラーケギルディ(CV.小杉十郎太)

    アルティメギルの幹部怪人。アニメには5~6話に登場。
    属性は貧乳属性。リヴァイアギルディとは犬猿の仲。
    武器は背中についている無数の触手。

関連ニュース

  • 「俺、ツインテールになります。」第8巻限定版に豪華イラスト集

    水沢夢のライトノベル「俺、ツインテールになります。」第8巻が12月18日に発売される。第8巻には限定特装版が用意され、イラスト集が付属する。春日歩さんによる描き下ろしカットなどを多数収録した豪華仕様。

  • 「俺、ツインテールになります。」コメントムービー第5弾に相坂優歌

    TBSで第4話が放送されるのに合わせて、テレビアニメ「俺、ツインテールになります。」の公式サイトで津辺愛香役の相坂優歌さんによるコメントムービー第5弾が公開中。

俺、ツインテールになります。のまとめ記事一覧を見る

Amazonランキング