牙狼〈GARO〉 -炎の刻印-

原作雨宮慶太
監督林祐一郎
シリーズ構成小林靖子
脚本平池芳正
キャラクターデザイン吉村清子、村井さだゆき
瀬古浩司、村越繁、久保亨
音楽MONACA
アニメーション制作MAPPA
製作東北新社
放送期間2014年10月 –
話数(未定)

概要

「牙狼〈GARO〉 -炎の刻印-」は特撮テレビドラマ作品「牙狼」シリーズの最新作であり、初めて全編2Dセルタッチアニメーションとして制作されたアニメ。

中世ヨーロッパを彷彿とさせる荒涼たる “剣と魔導の世界” で、魔戒騎士とその仲間たちがさまざなま運命に翻弄されつつも、やがて真なる敵を知り挑んでいく。

GAROシリーズでは、雨宮慶太が中心となって制作されていたが、今作では雨宮慶太は原作のみにとどまり、GAROシリーズ過去作で脚本を書いたこともある小林靖子がシリーズ構成を担当し、新たなGAROの物語を描く。

ストーリー

かつてヴァリアンテという国で大規模な「魔女狩り」が実行された。しかし、その実態は人々を護ってきた「魔戒騎士」や「魔戒法師」たちを一掃して実験を握ろうとする、国王の側近のメンドーサによるクーデターであった。

17年の時が流れ、1人の少年・レオンがヴァリアンテへやってきた。レオンこそは失われて久しい伝説の魔法騎士「黄金騎士ガロ」の称号を受け継ぐ運命の者だった。レオンの脳裏には、魔女狩りに遭い、火刑に処されながら母に産み落とされた際の「炎の記憶」が音もなく静かに燃えている。

時を同じくしてもう1人、決意を胸に秘めた若者・アルフォンソがやってきた。かつて母とともにヴァリアンテを密かに脱出した流浪の応じであるアルフォンソは、メンドーサから国を奪い返すために残された最後の希望「光の騎士」を捜していた。

運命に弄ばれた2人の騎士が宿命の国で出会うとき、物語は静かに動き出す。

登場キャラクター

  • レオン・ルイス(CV.浪川大輔)

    黄金騎士・ガロとなって戦う17歳の魔戒騎士。
    かつて魔戒法師であった母・アンナが炎に焼かれながらも産み落とした。

  • ヘルマン・ルイス(CV.堀内賢雄)

    絶影騎士・ゾロの称号を持つ。妻・アンナが産み落としたレオンを助けて逃亡し、彼を騎士として育て上げた。

  • アルフォンソ・サン・ヴァリアンテ(CV.野村勝人)

    ヴァリアンテの王子だった20歳の青年。
    メンドーサに祖国を追われたことをきっかけとして、「光の騎士」を捜すことになる。

  • エマ・グスマン(CV.朴璐美)

    女魔戒法師。他人にはわからない秘めた理由から常に単独行動を取る。
    魔戒騎士を嫌気し、レオンやヘルマンと衝突する。

関連ニュース

  • アニメ『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』浪川大輔インタビュー「バトルシーンの爽快感を味わって」[オタ女]

    主人公のレオン・ルイスを務める人気声優の浪川大輔へのインタビュー。

  • アニメ版「牙狼<GARO>」、8の国と地域で一斉配信!

    人気特撮作品「牙狼<GARO>」シリーズをテレビアニメ化した「牙狼<GARO>-炎の刻印-」が、10月3日から8の国と地域で一斉配信。中国、台湾、香港、マカオ、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで日本の放送と同時に配信される。

牙狼〈GARO〉 -炎の刻印-のまとめ記事一覧を見る

Amazonランキング