モッフル

モッフル
CV川澄綾子

概要

モッフルは、アニメ「甘城ブリリアントパーク」の登場キャラクターである。

人物像について

アトラクション「モッフルのお菓子ハウス」のマスコットであるお菓子の妖精。人間ではない。甘ブリのキャストの中ではトップクラスの人気を誇り、アトラクションが立地するパーク内エリア「ソーサラーズ・ヒル」のキャストリーダーも務め、幹部の多数を占めるリアルキャストの中でもリーダー的存在である。西也に対して、当初は良い印象を持っておらず事あるごとに衝突していたが、パーク閉園の危機に関しての奮闘や自らが汚れ役を務めることも辞さない姿勢を見るなどしたこともあり、ストーリーが進むにつれ西也に対する姿勢は好意的なものへと変化してきている。

遊園地で働いているものの、子供嫌いかつ、血の気は多めで、ゲストとの間も含め度重なる暴力沙汰を起こしている問題キャストではあるが、甘ブリのキャストの間での人望は高い。人手不足でありつつも、キャストとしての仕事やアトラクションの整備などの業務は堅実にこなしており、実際、西也が支配人代行就任直後に指示した「全キャストによる園内整備実施」の際にも、モッフルのお菓子ハウスは既に整備がされていることからその指示は免除されている。

ラティファとは叔父・姪の関係(モッフルの姉が王妃)にあるが、公式の場では両者ともその関係を表には出さない。ただし、そのことはリアルキャスト内では周知の事実となっている。四半世紀以上姉に恋焦がれていたが、王様に寝取られてしまい悶え苦しんだトラウマがある。

遊園地で働く現在とは裏腹に、軍人貴族の家系の出であり、メープルランドの軍においては特殊部隊などに属していた。自身の能力のみならず王家との関係もあったことから最終的には将軍にまで昇進していたが、ラティファの件もあったことから軍を辞している。

モッフルは『フルメタル・パニック!』に登場する「ボン太くん」にそっくりであるが、『フルメタル・パニック』と原作の出版社が同じにも関わらず、両作品にストーリー的な繋がりは無い。

お菓子の妖精という設定だが、甘い物は好きではない。見た目とは異なり、あたりめやサラミ、コロッケなど酒のつまみになる物が好物で、差し入れのタイアップドーナツを嫌々食べている。子供にモッフルを見せたくないのが本音。

登場キャラクター

  • 可児江西也(CV.内山昂輝)

    頭脳明晰、運動神経抜群、更にルックスも優れた俺様系高校生。
    演技力、歌唱力やダンス力も優れており、性格以外は完璧系男子。
    パークでは、ショーの演出も手掛けてる他、芸能界にもコネクションを持つ。

  • 千斗いすず(CV.加隈亜衣)

    甘城高校の西也のクラスに転校してきた少女。
    スカートの中から取り出すマスケット銃「シュタインベルガー」による実力行使も躊躇わないなど、危険な面がある。

  • ラティファ・フルーランザ(CV.藤井ゆきよ)

    「甘城ブリリアントパーク」の総支配人を務める女子。パークの立て直しを西也に託す。

  • モッフル(CV.川澄綾子)

    アトラクションのマスコット。「モッフルのお菓子ハウス」に配置されている。
    お菓子の妖精で「甘城ブリリアントパーク」の看板マスコット。
    キャストからの信頼は厚いものの、好戦的な性格からか西也と激しいバトルを繰り広げることが多い。

  • マカロン(CV.白石涼子)

    音楽の妖精。「マカロンのミュージックシアター」に配置されている。
    芸術家気取りで、気が乗らないときには仕事を休んでしまうこともある。

  • ティラミー(CV.野中藍)

    花の妖精。「ティラミーのフラワーアドベンチャー」に配置。
    外見は可愛らしいが、かなりの女好きなので要注意。

  • ミュース(CV.相坂優歌)

    キャスト。水の妖精。
    ミュージカルシアター「エレメンタリオ」のキャストで、真面目で頑張り屋。人望も厚い。

  • シルフィー(CV.黒沢ともよ)

    風の妖精。セクシーでダンスが上手。
    その一方、マイペースな性格で、空気を読まず奇抜な行動を取ってしまうことも。

  • コボリー(CV.三上枝織)

    土の妖精。普段は大人しくて可愛らしいが、その実体は腐女子。

  • サーラマ(CV.津田美波)

    火の妖精。よくSNSで不満を書き込み炎上させる。その一方、本人は反省していない。

モッフルのまとめ記事一覧を見る

Amazonランキング