千斗いすず

千斗いすず
学年甘城高校1年
CV加隈亜衣

概要

千斗いすずは、アニメ「甘城ブリリアントパーク」の登場人物。甘城高校1年生。

人物像について

3学期も残りわずかというタイミングで甘城高校の西也のクラスに転校してきた。大きな瞳とはなやかで美しい亜麻色の髪が特徴の美少女であり、スタイルも良いが、表面上の性格はクールで寡黙、冷徹。感情表現に乏しくとらえどころがない。人に物を言う態度は概ね高圧的で、反発されると即座にスカートの中から取り出すマスケット銃「シュタインベルガー」による実力行使も躊躇わないなど、危険な面もある。

根っこの気性は生真面目なのだが、口に出す前に考え過ぎてしまう上、会話の矢面に立つと直情的になる傾向があるので暴走してしまうというのが本当のところらしい。こうした欠点は彼女自身も重々承知しており、「もっと上手くやれればいい」「キャストの皆にも嫌われている」「あと少しで全て破綻させてしまうところだった」と内心で思い悩んでいる。

いすずの正体は魔法の国「メープルランド」の出身者で、メープルランドでは近衛隊所属のエリート衛士「イースズルハ・セントルシア」である。パーク建て直しのために支配人代行として甘城ブリリアントパークに派遣されたが、持ち前の性格から努力は盛大に空回りし、結果、甘ブリを絶体絶命の状況に追い込む原因の一つとなる。乾坤一擲の打開策として、ラティファの命により神託で選ばれた西也を甘ブリに連れて来る。西也の支配人代行就任後はサポート役を務め、新年度からは秘書室長(ただし所属はいすず1人)として引き続き西也を補佐する。

西也に対して初対面時から高圧的な態度を取っていた。しかし、西也の持つ合理的で冷酷な戦略家としての面と芸能界での経験から持つ情熱的な芸術家・エンターテイナーとしての顔こそがパークの窮状を救うことができる可能性を秘めるのでは、とするラティファへのレポートを記すなど、当初から彼の能力を高く評価している。また、原作小説第2巻以降においては、西也を異性として意識している描写が随所に見られ、ストーリー開始当初は西也を「可児江くん」と姓で呼んでいたが、原作小説第4巻終盤では「西也くん」と名で呼ぶようになっている。

原作ではちなみに、「どこかの魔法少女とかぶっている」とからかわれた際、マジ泣きしながらマジ切れしたことがある。感情表現を抑える傾向がある彼女が、人目を憚らずに涙を流したのは今のところその場面だけである。

河童の血を引いており、好きな食べ物はキュウリ。また、三度の飯より風呂が好きで、八時間風呂に入らないと死にそうな気分になる。

登場キャラクター

  • 可児江西也(CV.内山昂輝)

    頭脳明晰、運動神経抜群、更にルックスも優れた俺様系高校生。
    演技力、歌唱力やダンス力も優れており、性格以外は完璧系男子。
    パークでは、ショーの演出も手掛けてる他、芸能界にもコネクションを持つ。

  • 千斗いすず(CV.加隈亜衣)

    甘城高校の西也のクラスに転校してきた少女。
    スカートの中から取り出すマスケット銃「シュタインベルガー」による実力行使も躊躇わないなど、危険な面がある。

  • ラティファ・フルーランザ(CV.藤井ゆきよ)

    「甘城ブリリアントパーク」の総支配人を務める女子。パークの立て直しを西也に託す。

  • モッフル(CV.川澄綾子)

    アトラクションのマスコット。「モッフルのお菓子ハウス」に配置されている。
    お菓子の妖精で「甘城ブリリアントパーク」の看板マスコット。
    キャストからの信頼は厚いものの、好戦的な性格からか西也と激しいバトルを繰り広げることが多い。

  • マカロン(CV.白石涼子)

    音楽の妖精。「マカロンのミュージックシアター」に配置されている。
    芸術家気取りで、気が乗らないときには仕事を休んでしまうこともある。

  • ティラミー(CV.野中藍)

    花の妖精。「ティラミーのフラワーアドベンチャー」に配置。
    外見は可愛らしいが、かなりの女好きなので要注意。

  • ミュース(CV.相坂優歌)

    キャスト。水の妖精。
    ミュージカルシアター「エレメンタリオ」のキャストで、真面目で頑張り屋。人望も厚い。

  • シルフィー(CV.黒沢ともよ)

    風の妖精。セクシーでダンスが上手。
    その一方、マイペースな性格で、空気を読まず奇抜な行動を取ってしまうことも。

  • コボリー(CV.三上枝織)

    土の妖精。普段は大人しくて可愛らしいが、その実体は腐女子。

  • サーラマ(CV.津田美波)

    火の妖精。よくSNSで不満を書き込み炎上させる。その一方、本人は反省していない。

千斗いすずのまとめ記事一覧を見る

Amazonランキング